Webサイトのブランド力、会員サイトの「CLUB Panasonic」がトップ10入り 日経BPコンサルティング調べ ――「Webブランド調査2011-秋冬」(2011年10月実施)より――

@Press / 2012年1月18日 13時30分

表1
 株式会社 日経BPコンサルティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、2011年10月に実施した「Webブランド調査2011-秋冬」(*)の結果をまとめ(表1)、2011年12月21日に調査結果報告書を発行・発売した。
 「Webブランド調査」は、企業や団体が運営する日本の主要500サイトを調査対象とする。「1.アクセス頻度」や「2.コンバージョン」、「3.サイト・ユーザビリティ」だけでなく、そのサイトに価値があるか、リピート意向を持ったか(「4.サイト・ロイヤルティ」)や、Webサイトの閲覧を通して企業イメージが変化したか(「5.態度変容」)、またWebから得た情報からどのような行動を起こしたか(「6.波及効果」)なども評価の対象となる。これら6つの要素をインターネット・ユーザーにたずね、その調査結果からWebサイトの支持・満足度の指標となる「Webブランド指数(WBI)」を算出した。

●パナソニックの会員サイト「CLUB Panasonic」がトップ10入り
 Webブランド指数ランキングの第1位は、128.1ポイントを獲得した「Yahoo! JAPAN」。第2位には、前回4位の「Amazon.co.jp」(109.4ポイント)が、「楽天市場」(108.6ポイント)、「Google」(97.2ポイント)を抑えてランクインした。
 ネット専業企業のサイトが上位を占める中、パナソニックの会員サイトである「CLUB Panasonic」が74.0ポイントを獲得し第9位に入った。また、第11位には日本コカ・コーラの会員サイト「コカ・コーラ パーク」(72.3ポイント)がランクインした。前回のスコアと比較すると「CLUB Panasonic」は6.6ポイント、また「コカ・コーラ パーク」は9.2ポイント上昇した。どちらのサイトも「アクセス頻度」と「コンバージョン」でポイントが上がっている。震災から半年後が経ち、顧客のエンゲージメントを築く会員サイトが実力を発揮する結果となった(図1、図2)。

●一般企業サイトは「態度変容」がカギ
 前回のトップ50圏外から今回トップ50にランクインした一般企業サイトは、「サッポロビール」、「ケンタッキーフライドチキン」、「Apple Store」、「NTTドコモ」、「ホットペッパー グルメ」、「ハウス食品」、「JTB」、「ミスタードーナツ」である。上位の一般企業サイトは「態度変容」のスコアが高い傾向にあり、サイトを見て商品やサービスへの関心を高められるかが評価のカギとなった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング