世界初の民間研究所:国際小動物医学研究所が本格稼動~小動物(犬・猫)の繁殖学を研究~

@Press / 2012年1月25日 11時30分

 株式会社AHB(所在地:東京都江東区、代表取締役:川口 雅章)は、コンパニオンアニマル(犬猫等のペットのこと、以下 CA)の繁殖から飼育、健康サポートまで全てにおいて専門特化し、未だ勘と経験が頼りの旧態依然としたペット業界への科学的、学術的なアプローチを通して“真の産業化”を目指しています。そしてこの度、国際小動物医学研究所(所在地:東京都江東区、以下 Bio Plus)を稼動させる運びとなりました。

 Bio Plusは、世界においても犬・猫の繁殖学に関する第一人者でおられる日本獣医生命科学大学名誉教授・筒井 敏彦氏を招聘し、臨床繁殖学を基礎に、効率のよい繁殖のサポートや犬ブルセラ病の撲滅を目指す、ブリーダー様へ学術知識および技術を提供するための研究機関です。
 当研究所はブリーダーズクラブという会員制度を設けてサービスを提供させて頂いており、そのためより高度で有意義な会員向けのサービスを行うことが可能となります。


■活動内容

・繁殖に関する定期刊行物の発行

・繁殖に関する相談

・犬ブルセラ病の凝集価測定および飼育指導:
犬ブルセラ病は、犬ブルセラ病菌(Brucellacanis)の感染によって起こる病気で、雌雄共に不妊を引き起こし、人にも感染する人獣共通感染症です。しかしながら、未だ完全な治療法が確立されていないため、診断をした上で予防することが重要となります。

・犬猫の繁殖障害治療:
犬猫の不妊症の原因を診断し、様々な方法で治療することが出来ます。

・犬猫の精液性状検査:
精液の性状検査として、精液量、精子活力、精子生存率、精子数、精子奇形率、未熟精子出現率を観察し、繁殖能を判定することが出来ます。

・犬の交配適期の判定:
発情犬において黄体ホルモンを測定することで、排卵日を推定し、交配適期を確実に決定することが出来ます。

・犬の人工授精:
雌犬のために、全ての人工授精の方法の中より、最も成功率が高く安全な方法をご提案致します。

・犬の凍結精液作成:
愛犬または優良血統犬の精液を採取し凍結することで、半永久的に保存することが可能となります。


 今後は上記以外にも、さらにブリーダー様の疑問・ご要望にお応えできる研究を展開し、ブリーディングに役立つ情報を発信していきたいと考えております。

 株式会社AHBは、当研究所の科学的取組みを通してブリーダー様を支援することにより、全国に展開する「ペットプラス」67店舗(2012年1月現在)において、お客様に健康で安心なCAをお届けすべく尽力していく所存でございます。


【株式会社AHBの概況】
(1)会社名  :株式会社AHB
(2)本店所在地:東京都江東区新木場1丁目12-18 (2012年2月10日まで)
       :東京都江東区富岡1丁目18-17 (2012年2月13日から)
(3)代表取締役:川口 雅章
(4)事業内容 :CA(コンパニオンアニマル)の仕入れ・販売、ペット保険販売、
        ご購入後のサポート、キャットプラスの運営
        国際小動物医学研究所(Bio Plus)運営
(5)従業員数 :594名(2012年1月現在)
(6)売上規模 :約50億円(2012年度2月期予定)
(7)全国事業所:74カ所(2012年1月現在)

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング