自然豊かな身延町での“田舎暮らしの魅力”を紹介 「みのぶ暮らしセミナー」2月4日(土)・5日(日)開催!

@Press / 2012年1月25日 11時30分

大塩区
 身延町(山梨県南巨摩郡身延町)は2月4日(土)・5日(日)の2日間、東京都中野区で「みのぶ暮らしセミナー」を開催します。
 首都圏在住者を対象に、身延町内の空き家を活用した田舎暮らしの魅力を紹介するもので、今回が2回目です


【セミナー開催の背景】
 山梨県南西部に位置し、身延山久遠寺の門前町としても知られる身延町は、緑深い山々と清らかなせせらぎに囲まれる自然豊かな環境にあります。しかし過疎化や少子高齢化などにより中山間地を中心に空き家や遊休農地が増加し、地域コミュニティーの維持も難しくなっているのが現状です。
 一方、近年は都市の住民を中心に田舎への回帰志向が高まり、身延町内へも移住や二地域居住を希望する声が多く寄せられております。

 これらの需要や課題に対応するため、山梨県および身延町では都市と農村とを結ぶ「『新たな住まい手』と『地域』のマッチング事業」(※1)や「身延町空き家情報登録制度『空き家バンク』」(※2)などを実施しており、今回のセミナーもその一環です。2010年に第1回目が行われ、好評を得たことから2回目の開催が決定しました。


【今回紹介する「中富」「下部」について】
 今年は中富(曙・大須成)、下部(古関)の2地区にスポットをあて、その環境や魅力、空き家の物件等を紹介するとともに、地域および町を活気付けてくれる“新たな住まい手”の募集を行います。
 対象となる両地区は町内でも山間部に位置し、人口が少なく静かな環境。中富の曙地区は、町特産の曙大豆が生産されるなど作物の栽培に適した肥沃な土壌に恵まれ、また「木喰上人(微笑仏)の里」として知られる下部の古関地区は、本栖湖へ通じる国道300号に面し、日本の原風景と呼ぶべきのどかな山村風景が広がります。


【「みのぶ暮らしセミナー」概要】
■日時
2011年2月4日(土)13:30~16:30
2011年2月5日(日)10:00~16:00

■会場
中野サンプラザ 研修室11
(東京都中野区中野4-1-1)

■主催(共催)
甲斐適生活応援隊
身延町役場政策室

■内容
1.「みのぶ暮らしセミナー」
(1) 身延町役場職員によるセミナー
〔講師:身延町役場政策室空き家バンク担当者〕
・・身延町の人口や商業施設、医療機関など町の概要の説明と、中富・下部地区の紹介を行う。

(2) みのぶ暮らし実践者によるセミナー
〔講師:「青垣倶楽部」メンバーの赤池 宏文さん、内藤 明典さん〕
・・「青垣倶楽部」は地域の活性化と都市と農村の交流を目的に、古関地区住民の有志で結成された会。遊休農地を開墾して首都圏在住者に貸し出すとともに、自らも農作物を栽培し、物産祭りなどで販売している。また希望者には空き家物件の仲介も行っている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング