ロバート・ウォルターズ、東北地方の家庭に食糧パッケージを寄付

@Press / 2012年1月26日 11時30分

ロバート・ウォルターズ株式会社(本社:英国ロンドン、日本オフィス:東京都渋谷区、代表取締役社長:デイビッド・スワン)では、児童養護施設や母子家庭の母親、身体障害者、低所得世帯など、援助を必要としている人たちを対象に食糧を提供しているセカンドハーベスト・ジャパンに対し、昨年に引き続き支援を行います。


■支援の背景、実績
昨年3月の地震による荒廃を受けて、セカンドハーベスト・ジャパンでは、東北地方において現在も仮設住宅で生活を続けている家族を対象に、食糧や援助の提供を中心とした慈善活動を行っています。
この活動を支持するべく、ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社では、258,000円の募金を集め、44世帯への食糧パッケージ供給に役立てました。また、2011年12月には、ロバート・ウォルターズおよびその他の支援企業や組織は、セカンドハーベスト・ジャパンと協力して300以上の世帯に食糧援助を提供しています。


■セールス&マーケティング担当ディレクター ラチュナ・ラトラの言葉
ロバート・ウォルターズ・ジャパンのセールス&マーケティング担当ディレクターのラチュナ・ラトラは、次のように述べています。
「日本北部での災害の後、弊社では、セカンドハーベストこそが支援を提供するべき組織のひとつであると考えました。以前にも活動をともにしたことがあり、彼らが地域社会に前向きな影響を与えることができることを直接体験しているからです。セカンドハーベスト・ジャパンは、これまでも素晴らしいパートナーであり、今後も恵まれない人たちへ食糧を提供するといった彼らの非常に価値ある仕事への支援を継続できることを誇りに思っています。」


■セカンドハーベスト・ジャパンについて( http://www.2hj.org )
セカンドハーベスト・ジャパンは、食品メーカーや農家、個人などから、まだ充分食べられるにも関わらずさまざまな理由で廃棄される運命にある食品を引き取り、それらを児童養護施設の子供たちやDV(ドメスティックバイオレンス)被害者のためのシェルター、さらに路上生活を強いられている人たちなどのもとに届けるフードバンク活動を行っています。セカンドハーベスト・ジャパンは、日本初のフードバンクです。


■ロバート・ウォルターズについて( http://www.robertwalters.co.jp )
ロバート・ウォルターズ株式会社は、グローバルな事業を展開する人材紹介会社の大手であり、その活動規模の大きさや実績、そして圧倒的なグロバールネットワークを活用して、様々な業種における正社員や契約社員などの採用活動のソリューションを提供しています。


【会社概要】
会社名 : ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社
代表者 : 代表取締役社長 デイビッド スワン(David Swan)
資本金 : 1,400万円
設立  : 2000年1月4日
所在地 : 東京都渋谷区渋谷3丁目12番18号 渋谷南東急ビル14階
URL   : http://www.robertwalters.co.jp
事業内容: 人材紹介・人材派遣・人材コンサルティング業務

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング