S3 REST API完全準拠のクラウド・ストレージを構築できるGeminiの「Cloudian」がパートナー制度を導入

@Press / 2012年1月31日 11時0分

ジェミナイ・モバイル・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:太田 洋、以下 Gemini)は、S3 REST API完全準拠のクラウド・ストレージを構築できるパッケージソフトウェア製品「Cloudian(R)」の販売と技術サポートをさらに充実するために、パートナー制度を導入しましたので、お知らせいたします。

2012年1月31日現在、「Cloudian」のパートナー企業は、次の6社です。

・クリエーションライン株式会社
・日本テレマティーク株式会社
・NTTソフトウェア株式会社
・クララオンライン株式会社
・コアマイクロシステムズ株式会社
・株式会社科学情報システムズ


Geminiの「Cloudian(クラウディアン)」は、商用クラウド・ストレージ・サービスに利用されているパッケージソフトウェア製品です。多数のユーザーへの商用サービス提供に必要な統計課金機能、ユーザー・グループ管理機能、利用量制御機能も実装しています。最近では、企業ユーザーからも、NAS/SANといった従来型のストレージ装置を補完するプライベートクラウドにおいて、パブリッククラウドと同じS3 REST APIのアプリケーションを利用したいというニーズが高まりつつあります。このたびGeminiでは、パートナー企業とともに、この広範なニーズにお応えすることとし、従来のクラウドサービス事業者向けに加え、企業内利用であるエンタープライズ向けの提供条件も追加します。

今後、「Cloudian」の新規販売と技術サポートは、CCE(Cloudian Certified Engineer)資格を有する上記パートナーを通じて提供することとなります。また、新たなパートナーについては、改めてお知らせいたします。


【「Cloudian」の特徴】
■S3 REST API(※)完全準拠
ファイル共有サービスのDropboxを始めS3 REST APIを利用するWebサービス、アプリケーション、アプライアンス、ツール等は数百種類あり、S3エコシステム(生態系)としてクラウド・ストレージの事実上の標準となりはじめています。「Cloudian」のユーザーは、これらのS3 REST APIを利用するアプリケーション等を改修することなしに利用できます。

(※)S3 REST API:AWS(Amazon Web Service)が提供するクラウド・ストレージ・サービス、Amazon S3(Simple Storage Service)をREST(Representational State Transfer)方式で利用するために広く公開されているAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)です。

@Press

トピックスRSS

ランキング