1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

春はパン作りのベストシーズン。超人気パン教室「ぱん工房くーぷ」のレシピ本を発売

@Press / 2021年3月16日 13時0分

『きょうも、パンを焼こう。』表紙

画像 : https://newscast.jp/attachments/KpDd2XxiuCiLDLRqKiXB.jpg
『きょうも、パンを焼こう。』表紙


株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 瀬津要)は、2021年3月18日に『きょうも、パンを焼こう。』(門間みか著/1,573円)を発売します。本書は、名古屋の超人気パン教室「ぱん工房くーぷ」を主宰する門間みかさんの最新レシピ集です。著者が作る「おうちパン」への注目度は高く、愛用の電気オーブンで焼いたパンをインスタグラムで紹介すると、そのオーブンが一時品切れになるほどの反響がありました。本書には、「ご飯を炊くように、何気なくパンが焼けるお手伝いができたらうれしい」という著者が厳選した、基本の丸パンや総菜パン、ピザ生地からおやつパンまで全42種類を収録。教室に通えなくても、くーぷ式パン作りを楽しむことができる教科書です。


春はパン作りに最適な季節


ステイホームがきっかけで、パン作りにトライする人が急増しています。1年ほど前には、強力粉やイーストなどの製パン材料の品切れが続出したことも、大きな話題になりました。これから迎える本格的な春は、パン作りのベストシーズンと言われています。人間にとって過ごしやすい季節は、パン生地にとっても好環境。室温発酵でも十分にふくらむため、失敗が少ないのです。11才でパン作りと出合い、経験と研究を重ねてきた著者の「くーぷ式パン作り」はシンプルな配合で、生地を板にたたきつける作業もないので、初心者や子どもでも簡単に春のパン作りが楽しめます。


たった2種類の生地とそのアレンジ


くーぷ式パン作りの基本の生地は2つだけ。甘くて柔らかい「リッチ生地」と、さっぱり味でかための「リーン生地」です。2種類の生地をベースに、具材を巻いたりトッピングしたり、フィリングを加えたり、型を使ったりして、味も見た目もバラエティ豊かな42種類のレシピと工程を、写真付きでわかりやすく紹介しています。


画像 : https://newscast.jp/attachments/WG0K2IlPXr620fCmZTkR.jpg
「リッチ生地」の丸パン、「リーン生地の」プチパン


Q&Aも充実しており、「レシピと違う銘柄の粉を使ってもいい?」「ドライイーストを粉に直接混ぜてはいけないのはなぜ?」という疑問には、小麦粉からパンになる仕組みを丁寧に解説。また、「生地がまとまらない」「焼き上がりがかたい」という悩みには具体的な解決策を提示します。これはパン教室と同じスタンスで、「作れない。難しい」を「作れる。楽しい」に変えたいという著者の思いが込められています。


本書で紹介するパン


画像 : https://newscast.jp/attachments/LMouxCNVUFooKkHKZL4M.jpg
リッチ生地のアレンジで焼ける定番パン


まいにち焼きたいパン


◎丸パン「初心者さんはこのパンから」
◎プチパン「飽きのこない味」
◎バンズ「リッチ生地の初歩的アレンジ」
◎ハムエッグロール「成形も楽しい総菜パン」
◎直焼きマフィン「リーン生地をホットプレートやフライパンで焼くだけ」 他


画像 : https://newscast.jp/attachments/JJZfnhIE4wvGwgQSSadK.jpg
オーブンも型も必要ない直焼きパンもあります


型で広がるアレンジパン


◎よもぎの塩あんぱん「個性派の組み合わせが大正解」
◎ぶどうパン「そのままでもトーストしてもおいしい」
◎スモークチーズベーコンブレッド「ホームパーティにもぴったり」 他


画像 : https://newscast.jp/attachments/YJcluFglswQ2n3pSIBgc.jpg
工程も仕上がりも断面も、写真をつかってわかりやすく


最高においしいくーぷの食パン


◎くーぷトースト「これさえあれば他はいらない」
◎くーぷ山食「家族で楽しめる万能タイプ」 他


著者について


門間みか(もんま みか)
パン教室「ぱん工房くーぷ」主宰。
管理栄養士。
1966年、宮城県仙台市生まれ。
宮城学院女子大学家政学科卒業。
料理好きな母のもと、幼い頃から料理やお菓子作りに親しむ。小学校5年生でパン作りに出会って以来、パンの奥深い世界に魅了され、現在に至る。
主な著書におうちパンのバイブルとして知られる『ほんのりしあわせ。おうちパン』(集英社)のほか、アイリスオーヤマの格安オーブンに惚れ込んで作った『ぱん工房くーぷ×オーヤマくん リッチとリーンで30日』(明元舎)などがある。
インスタグラムアカウント monma_mika


2020年、そして2021年、わたしたちは思いがけずステイホームな日々を余儀なくされています。
そんななか、趣味と実益を兼ねて、新たにパン作りに目を向ける方たちが増えました。
この時代を心を豊かに過ごすひとつの知恵として、パン作りが身近なものになればよいなと思っています。
(本書「おわりに」より)

『きょうも、パンを焼こう。』書誌情報


書名:きょうも、パンを焼こう。
副題:ぱん工房くーぷの最高においしいおうちパン
著者:門間みか
判型:B5判並製
定価:1,573円
発売日:2021年3月18日
ISBN:978-4-569-84918-8
発行:PHPエディターズ・グループ
発売:株式会社PHP研究所




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】
「リッチ生地」の丸パン、「リーン生地の」プチパン リッチ生地のアレンジで焼ける定番パン オーブンも型も必要ない直焼きパンもあります

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング