1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

「日本を健康にする!」研究会 第3回機能性食品素材セミナー『還元型コエンザイムQ10の可能性』 有楽町にて2012年2月18日開催!

@Press / 2012年2月1日 10時0分

国民が健康且つ、心にゆとりを持った生活が送れる様、QOL(クオリティ オブ ライフ)の向上を目指す「日本を健康にする!」研究会(会長:矢澤 一良、事務局所在地:東京都千代田区)は、この度第3回機能性食品素材性セミナー『還元型コエンザイムQ10の可能性』を、有楽町朝日スクエア(所在地:東京都千代田区)にて2012年2月18日に開催いたします。
昨年2回開催した「還元型コエンザイムQ10」セミナーへの反響が大きく、第3回は“栄養素としての活用の可能性”をテーマに開催することとなりました。

第3回機能性食品素材セミナー詳細: http://www.nihon-kenko.jp/120218.html


【『還元型コエンザイムQ10の可能性』セミナーについて】
「還元型コエンザイムQ10」は、従来のサプリメント素材とは一線を画した新しい素材として注目されています。本セミナーでは、サプリメント素材としての側面だけにとどまらず、幅広い世代の方に栄養素として求められていることの大切さについて、様々な分野の著名な先生方をお迎えし、ご講演頂きます。

抗疲労研究の第一人者、渡辺 恭良先生には、現在解明されている疲労のメカニズムと、遷延化・慢性化する疲労を克服するための様々な手段、中でも<抗疲労食>の重要性についてお話頂くほか、医療現場から見た機能性食品、トップアスリートの栄養指導から現場から見る食の重要性、東日本大震災時における大病院での取り組みなどの講演を予定しております。

「還元型コエンザイムQ10」の栄養素としての重要性や可能性について、多くの方々に理解と認識を深めて頂くことを目的に、今回のセミナーを開催致します。

【セミナー概要】
名称 :第3回機能性食品素材セミナー『還元型コエンザイムQ10の可能性』
日程 :2012年2月18日(土) 12:30~16:00(受付開始 12:00)
会場 :有楽町朝日スクエア
    東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F
主催 :「日本を健康にする!」研究会
参加費:無料(※事前申込制)
定員 :150名

なお当日のセミナー内容については、遠方の為会場へ来られない方へ、USTREAMよりライブ中継を予定しております。

USTREAMライブ中継: http://www.ustream.tv/channel/nihon-kenko

【内容】
■第1部 QOL向上を目指す予防医学の現状
講演「抗疲労食~疲労軽減で進める健康医学~」
   渡辺 恭良氏
   大阪市立大学大学院 医学研究科システム神経科学 教授
   独立行政法人理化学研究所 分子イメージング科学研究センター センター長
講演「食と予防医学~医療現場における機能性食品~」
   鈴木 信孝氏
   金沢大学 医学系研究科 補完代替医療学研究室 特任教授
講演「ヘルスフードの機能」
   矢澤 一良氏
   東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科
   ヘルスフード科学(中島董一郎記念)寄附講座 教授

■第2部 健康と活力!元気に今を生きる
講演「アスリートのコンディションづくりをサポートし感じていること」
   石川 三知氏
   管理栄養士
   Office LAC-U 代表 Body Refining Planner
講演「トップアスリートの体づくりと中高年からの人生をより楽しむために」
   高橋 雄介氏
   中央大学 理工学部 准教授
   同大学 水泳部 監督
講演「東日本大震災時の栄養管理について」
   岡本 智子氏
   東北大学病院 栄養管理室 室長
講演「無理なく楽しむ~トレッキングで健康づくり~」
   田口 克己氏
   日本トレッキング協会 常任理事

<お申込み先>
「日本を健康にする!」研究会事務局 株式会社RDサポート内
TEL       : 03-5217-5565
E-Mail     : mk-info@rdsupport.co.jp
お申込みフォーム: http://www.nihon-kenko.jp/120218-2.html


【「日本を健康にする!」研究会について】
URL: http://www.nihon-kenko.jp/

■目的
「日本を健康にする!」を最大の目標とする。
栄養士・管理栄養士による健康・栄養食品の知識普及と情報提供により生活者の健康増進を推進する。

■事業内容
1.法人・個人会員を対象としたセミナー、勉強会の企画・実施
2.生活者を対象とした、イベントの企画・実施
3.WEB・メディアを活用した情報発信
4.管理栄養士・栄養士を軸とした啓蒙活動

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング