クラスメソッド、企業向けにAWSクラウド・サービス用の『バウチャーチケット』を提供~企業利用のニーズに合わせ、請求書による処理に対応~

@Press / 2012年2月1日 15時30分

クラスメソッド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:横田 聡、以下「クラスメソッド」)は、アマゾン ウェブ サービス(R)(以下、AWS)が提供するAWSクラウド・サービスにおいて、あらかじめ設定した金額枠まで使用可能なAWSクラウド・サービス用の『バウチャーチケット』を、2月1日(水)より申込み受付および、提供開始します。
『バウチャーチケット』URL: http://classmethod.jp/service/voucher/


■ニーズと背景
近年、事業継続・コスト削減・負荷対策・セキュリティ対策・データ保存・ディザスターリカバリなど、企業が抱える課題解決のために、クラウド環境の活用を検討・導入する企業が増えています。クラスメソッドは、AWSのソリューションプロバイダとして、クラウド環境を活用する企業へ導入支援・設計・コンサルティングを数多く行ってきました。そしてこの度、利便性の向上をめざし、AWSクラウド・サービス用の『バウチャーチケット』を提供することにいたしました。


■サービスについて
アカウント作成・クレジットカード情報の入力等は不要です。申込後、クラスメソッドにて入金確認し、新しく発行したアカウント内容をメール通知します。そのメール通知を利用開始日として、AWSクラウド・サービスが利用可能となります。予算を超過する使用を避けるため、限度額が一定割合を超えたときに、メールにて現在の使用料金についてお知らせ(無料)します。また、翌月(10営業日以内)には前月の使用料金についてお知らせ(無料)します。

『バウチャーチケット』は5万円より提供しています。なお、ディポジット(預託金)として1アカウント毎に2万円(※1)を預かり受けます。これは、利用限度額超過時にアカウント利用を停止した際、管理しているアプリケーションの停止・データ消失などを回避するためです。利用限度額に近づいた際、チケットの追加購入により継続利用でき、一例として、解約までに必要なデータ退避などのメンテナンス実施が可能です。(※1 過去の利用実績から高額課金が予想される場合には、追加預託金を預かり受けます。)

アカウント毎に『バウチャーチケット』を申込可能であり、部門毎・プロジェクト毎など、柔軟にAWSクラウド・サービスの利用が可能です。予算に応じてAWSの魅力的なサービス群を思う存分に活用できます。

『バウチャーチケット』の有効期限は利用開始日から半年間です。消費しなければいけない期間として、最短で1ヶ月、最長で6ヶ月の設定をすることができます。なお、追加のチケット購入により、有効期限の延長が可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング