サクソバンク、『2012年度大胆予測(日本語版)』と『2012年度第一四半期世界経済予測(日本語版)』を発表

@Press / 2012年2月2日 13時0分

オンライン・トレーディングおよび投資を専門とするサクソバンク(Saxo Bank A/S、デンマーク)は、2012年「大胆予測」を発表しました。現時点では想像もできない出来事としてサクソバンクが予測した10項目には、「オーストラリアの景気後退」「EU諸国、自己資本基準をクリアできない50行を国有化」「アップルの株価、2011年最高値から50%暴落」などが含まれています。

「大胆予測」は起こりそうにない出来事に焦点をあてていますが、それらが発生する可能性はいずれも市場が考えるより高いものばかりです。もちろん通常の経済予測ではありません。しかし、投資においては確率が低いと思われている出来事にも注意を払うことが重要です。10項目のいずれかでも現実のものになれば、市場は大変な影響を受けることになります。

なお、「第一四半期世界経済予測」では、より正確な視点で2012年に待ち受ける「パーフェクトストーム」=(1)欧州金融危機、(2)緊縮財政、(3)社会的緊張に焦点を当てた読み応えのあるレポートになっていますので、あわせてご覧ください。

全文レポートはこちらからダウンロード: http://www.saxobank.co.jp/whatsnew/2012/02/2012.html


【サクソバンク2012年「大胆予測」】

1.アップルの株価、2011年最高値から50%暴落
 アップルの最先端商品であるiPhoneやiPadは2012年に入りグーグル、アマゾン、マイクロソフト・ノキア連合、サムソンとの複合的な競争に直面します。その結果、iOSで55%(アンドロイドの3倍)、iPadで66%を誇ってきた市場シェアを維持することができなくなります。

2.EUは「長期バンクホリデー」で市場閉鎖
 2011年12月の欧州連合(EU)首脳会議は、財政規律を強化する政府間協定を結ぶことで合意しましたが、2012年に入るとこの協定ではイタリアをはじめとする欧州諸国の財源問題を解決するには不十分だということがはっきりしてきます。欧州債務危機は年央までにものすごい勢いで再燃します。株価の値崩れが本格化して、一気に25%も暴落が起きます。EU諸国は、欧州全域の証券取引所と銀行を1週間あるいはさらに長期間閉鎖するために「長期バンクホリデー」に踏み切ります。

3.米大統領選を制するのは伏兵候補
 1992年の米大統領選では、テキサス州出身の億万長者のロス・ペローが、米国の景気低迷と米国民の政治への不満を背景に二大政党以外の候補として浮上し、18.9%という得票率を実現しました。現職のバラク・オバマ大統領は就任から3年になりますが、「チェンジ」をもたらすどころか、米国の政治全体への失望感を拡大させるばかりです。2012年11月の大統領選ほど第三の候補が当選する条件がそろっていることは過去にはありません。本格的な改革のためのしっかりした政策を打ち出す候補者が2012年初めに出てきて、得票率38%で米国史上最も重要な選挙の1つを制するでしょう。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング