エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト『eco japan cup 2011』 パートナー・コンテスト「JNCみなまた環境大学カリキュラム提案賞」及び、エコ復興特別企画「エコ復興アワード」受賞決定のお知らせ

@Press / 2012年2月7日 13時0分

 『エコ復興』を掲げ、開催しました“エコビジネスの芽を見つけ、育てるコンテスト”『eco japan cup 2011』(主催:環境省、国土交通省、総務省、一般社団法人環境ビジネスウィメン、株式会社日本政策投資銀行、株式会社三井住友銀行)のパートナー・コンテスト「JNCみなまた環境大学カリキュラム提案賞」及び、本年からの特別企画「エコ復興アワード」の受賞が決定いたしました。ここに、受賞団体を発表いたします。

 表彰レセプションは、2月13日(月)17:00~19:00、ホテルイースト21東京にて行います。(※表彰式の取材を希望される方は、詳細をご案内しますので、eco japan cup 総合運営事務局まで事前にお申し込みください。)
*eco japan cup公式ホームページ: http://www.eco-japan-cup.com


 「エコ復興アワード」とは、『エコ復興』を掲げて開催しましたeco japan cup 2011の特別企画として設けました。東日本大震災の復旧・復興に貢献した企業を表彰するものです。
 震災後の企業の支援の動きを見ると、企業ならではのスピーディさ、行政では行き届かない細やかな対応がたくさん見受けられました。大規模災害が起こった際、民間企業のこのような行動は、行政に匹敵する重要な力“新しい公共”と考えられます。そこで、eco japan cup 2011では、復旧、復興の支援に関わり、今後の災害支援のモデルになるような企業の取組みを「エコ復興アワード」として表彰することにいたしました。


■受賞団体は、以下の通りです。

◆特別企画「エコ復興アワード」

 ≪エコ復興 絆賞≫
  社団法人日本損害保険協会 「損害保険支払認定の迅速対応の取組み」

 ≪エコ復興 絆賞≫
  川口鋳物工業協同組合 「計画停電に対応した輪番操業“川口モデル”の取組み」

【賞の趣旨】
 東日本大震災の被災地支援や復旧・復興におけるボランティアや金銭等寄付行為ではなく、企業の実事業の中で行われた支援で、今後のモデルとなる優れた取組みを表彰する。賞の対象候補はeco japan cup実行委員及び連携団体のリサーチにより候補を推薦し、下記の審査員による審査によって選定する。

審査員は、
小池 百合子氏(衆議院議員/一般社団法人環境ビジネスウィメン顧問)
末吉 竹二郎氏(国連環境計画・金融イニシアティブ特別顧問)
木俣 信行氏(鳥取環境大学環境情報学部環境マネジメント学科 教授)
白石 順一氏(環境省総合環境政策局長)
中島 正弘氏(国土交通省総合政策局長)
古宮 正章氏(株式会社日本政策投資銀行 常務執行役員業務企画部長)

@Press

トピックスRSS

ランキング