GfK Japan調べ:GfK Certified Golf 2011 発表

@Press / 2012年2月9日 16時0分

【ドライバー】
 ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパン株式会社(所在地:東京都中野区、代表取締役社長:朝比奈 進)は、「GfK Japan Certified Golf 2011」を発表しました。
 全国の有力ゴルフ用品取扱店(2011年12月時点約1,100店舗)の販売実績を基に推計した店頭販売市場規模データ(注1)から、2011年 年間(1月~12月)のメーカー別数量シェアを算出しています。


【2011年市場概況】
 2011年のゴルフ用品市場は、金額前年比9.7%減となった。自然災害の影響を受けた春先は大幅なマイナスとなったが、自粛ムードによるマインド低下に一定の区切りがついた夏以降は徐々に回復基調に転じた。このような状況下、2011年はこれまでにない特徴や価値観を提案した数々のヒット商品が登場した。


【ドライバー】
 テーラーメイドは、新製品の「R11」がシェア獲得に大きく貢献し、前年2位から1位となった。「R11」は斬新なヘッドデザインで発売前から話題を集め、3月の発売以降好調を維持、年間最多販売ドライバーとなった。ブリヂストンは、「V-iQ」が年初の売価変更により販売を伸ばしたことに加え、3月発売の新シリーズ「ファイズ」も、男性用・女性用共に好調に推移した。更に9月に売価変更となった「XドライブGR」や11月発売の「V-iQ」の新製品等も後押しし、順位を前年の3位から2位に上げた。3位となったSRIスポーツは、10月に売価変更となった「ゼクシオ」や、12月発売の「ゼクシオ7」により、年後半にシェアを拡大した。
シェアグラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/25322/1_1.jpg


【アイアンセット】
 SRIスポーツは、発売2年目にあたる「ゼクシオ」の年初からの安定した販売に加え、年末に発売された「ゼクシオ7」のヒットにより、前年に続く1位となった。ブリヂストンは、新シリーズの「ファイズ」や前作より買いやすい価格帯となった「V-iQ」等の販売が好調で、前年からシェアを約6%拡大し、2位となった。3位テーラーメイドは、ドライバーでヒット商品となった「R11」と同シリーズとなる「R11アイアン」を秋に発売、トータル提案を強みに販売を伸ばした。
シェアグラフ: http://www.atpress.ne.jp/releases/25322/2_2.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング