ルート・サービスが「BIGLOBEクラウドストレージ」を導入

@Press / 2012年2月27日 11時15分

BIGLOBEプレスルーム
http://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2012/02/120227-a


 フリーペーパーや書籍などの配送を行う物流会社株式会社ルート・サービスホールディングス(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:高木 秀治、以下 ルート・サービス)は、NECビッグローブ株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役執行役員社長:古関 義幸、以下 BIGLOBE)が提供するオンラインストレージサービス「BIGLOBEクラウドストレージ」(注1)を導入いたしました。(URL: http://business.biglobe.ne.jp/asp_saas/bmst/ )

 ルート・サービスでは、従来、営業所との情報共有にはメールを利用していましたが、画像データやマニュアルといった大容量データの共有や、効率的な情報管理などが課題となっておりました。「BIGLOBEクラウドストレージ」の導入は、こうした課題を解決し、業務の効率を図るべく実施したものです。


「BIGLOBEクラウドストレージ」導入の概要は以下の通りです。

1.大容量データの安定した社内共有を実現
 ルート・サービスでは、現場の画像データなど、搬入や配送に必要な情報を共有する機会が多く、大容量のデータとなるため、メール数通に分割して送信するなど、情報共有に手間がかかっていた。また、無料のサーバを利用する場合には、アップデートに時間がかかる、エラーになるなど、安定した利用ができないことが課題となっていた。BIGLOBEのデータセンターで運用される本サービスを利用することで、セキュアで、安定した大容量のデータの共有が可能になり、業務の効率化を実現できた。


2.社外とのタイムリーな情報共有が可能に
 IDを取得していない利用者でも、データをダウンロードできる“Web公開機能”や、アップロードができる“受取フォルダ”を利用。これにより、急な情報共有が必要な場合にも、顧客や取引先に、ID取得の手間をかけることなくタイムリーな情報共有が可能となった。なお、通信経路及びストレージ上は暗号化されているほか、“Web公開機能”や“受取フォルダ”では、パスワードやアクセス回数、公開期間を設定できるワンタイムURLを利用しているため、セキュアな情報共有が可能。


3.重要なデータをクラウド上でわかりやすく管理できる
 従来、社員ひとりひとりが情報を保管・管理しており、大量のメールから、業務指示書や報告書を探すなど、情報の検索に都度手間がかかっていた。本サービスを導入し、拠点や業務に応じてフォルダを構成し、オンライン上に保管することで、効率的な情報管理が可能となった。また、ログインした際に情報の更新を“お知らせ”として表示する機能が、業務指示やマニュアル更新の見落としの防止にもつながっている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング