メスや鉗子のトレーサビリティーに適した小型精密マーキング装置「MPX-90M」を発売

@Press / 2012年2月14日 11時0分

MPX-90M製品本体
ローランド ディー.ジー.株式会社(本社:浜松市北区新都田1-6-4/代表取締役社長:冨岡 昌弘)は、小型マーキング装置「METAZA MPX-90M」を2012年3月8日(木)より発売いたします。


近年、医療現場では患者の安全を守るため、メスやピンセットなど医療器具の管理・滅菌を確実に行うためのトレーサビリティー(追跡管理)が課題となっており、器具の1点1点にシリアル番号などを印字する必要性が高まっております。そこで当社は、今後普及が見込まれる医療分野でのマーキング装置の需要に応えるべく、MPX-90Mを開発しました。MPX-90Mは、印字にドットピンを用いた打刻式を採用することで、一定の深さで安定的に印字が可能なうえ、印字面が錆びにくいという利点があります。器具を固定するためのバイスと、印字の位置合わせ用にレーザーポインターを装備しており、取り扱いに難しい知識を必要とせず手軽にマーキングを行えます。
最大の特長は、2次元シンボルの一種であるGS1データマトリックス※を利用して26バイト(半角英数で26文字)の情報を1mm角で表現できる精度を備えています。このGS1データマトリックスには、商品コード、使用期限、ロット番号、シリアル番号などの情報が含まれており、市販の専用リーダーで読み取ることによって器具の個別認識が可能になります。当社では今後、MPX-90Mを医療機関や鋼製器具メーカーへの普及に努め、市場を開拓してまいります。

※GS1データマトリックスとは、バーコード、2次元シンボル、電子データ交換の世界標準化機関であるGS1(ジーエスワン、本部ベルギー)が、世界各国の規制当局、機器メーカー、医療機関等と連携し、鋼製器具に表示する2次元シンボルとして定めた規格で、世界的に普及が見込まれております。


【関連画像】
(1) MPX-90M製品本体
http://www.atpress.ne.jp/releases/25380/1_1.jpg
(2) 鋼製器具をセットした状態
http://www.atpress.ne.jp/releases/25380/2_2.jpg
(3) マーキング例
http://www.atpress.ne.jp/releases/25380/3_3.jpg


【MPX-90Mの主な特長】
・1mm角に26バイトの情報量を持つGS1データマトリックスを表現できる高精度
・ドットピンを用いた打刻式により、鋼製器具に対して一定の深さで確実にマーキングが可能
・幅30cm以下のコンパクトサイズを実現し、設置や移動が自由
・固定用バイスとレーザーポインターを備えており、器具の取り付けや位置決めが容易
・付属ソフトウェアにより、GS1データマトリックス、データマトリックス(ECC200)、QRコードを簡単な手順でマーキング可能
・データベースソフトや表計算ソフトから書き出したCSVファイルからの連番出力にも対応
・ロゴマークやテキストの出力も可能

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング