1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

非常時に安定した通信を提供するMCAアドバンス対応無線機として、京セラ製「KC-PS701」提供開始

@Press / 2021年4月1日 15時15分

「KC-PS701」
京セラ株式会社(代表取締役社長:谷本 秀夫、以下京セラ)は、本日、4月1日(木)より国内でサービス開始されるMCAアドバンス通信への対応無線機として、京セラ製「KC-PS701」を提供開始いたしますのでお知らせいたします。
なお、本製品は、PSCP株式会社を通じて本日より販売されます。
■「KC-PS701」の製品情報
https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/office/phone/lineup/kc-ps701/?atpress

MCAアドバンスとは、一般財団法人 移動無線センターがサービスを提供する国際的に標準化されたLTE技術を適用した共同利用型の自営無線システムで、自然災害などの緊急時や非常時に公衆通信網が輻輳(ふくそう)した場合でも、安定した通信を提供でき、さらには優先制御設定によって重要度の高い通信を途切れにくくする仕組みを持つ、ミッションクリティカルな特長を持つ通信システムです。

当社の「KC-PS701」は、防水※1、防塵※2対応に加え、米国国防総省MIL規格(MIL-STG-810G)に準拠した高い耐衝撃性※3による高耐久性能を有する無線機です。その高耐久性能と技術、さらには商品企画からハード/ソフト設計・部品調達・製造・物流・販売・アフターサービスや修理までを日本国内で一貫して行うJAPAN MADEの信頼性という強みが評価され、MCAアドバンスの対応ポータブル無線機として国内で唯一※4、採用されました。

京セラは30年にわたる通信機器事業での知見と技術力による製品で、これからも社会的な安心、安全をサポートしてまいります。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/253862/img_253862_1.jpg
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/253862/table_253862_1.jpg


■KC-PS701の主な特長
1.防水※1、防塵※2、耐衝撃※3に対応
・防水(IPX5/7)※1、防塵(IP6X)※2の試験をクリア。また、米国国防総省MIL規格(MIL-STG-810G)に準拠した高い耐衝撃性※3も実現しているので、過酷な現場においても安心して使えます。

2.堅牢性を実現した設計とデザイン
・八角形をベースにした独特のボディデザインで堅牢性を確保しました。
・タッチパネルには、耐擦傷性の高いアクリルスクリーンと強化ガラス「Dragontrail(R)」を重ねたハイブリッドシールドを採用。カメラにも強化ガラスを採用しています。
・電池は着脱可能なため、予備を用意しておけば、充電できない状況下でも継続して使えます。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/253862/img_253862_2.png

3.過酷な環境下での使用に対応する機能と性能
・大音量フロントスピーカー搭載。
・GPS、GLONASS、BeiDou、Galileo、みちびき(QZSS)に対応し、ビルの谷間や山間部での位置情報もより安定的に確認できます。
・グローブをつけた状態でもタッチパネルで操作ができる「グローブタッチ(R)」、画面や手がぬれていても反応するタッチパネル「ウェットタッチ(R)」に対応。
・超高精細な約2,400万画素カメラを搭載。
・USB Power Delivery2.0対応の充電器(同梱)で、急速充電が可能です。

4. 小型軽量設計
・堅牢さにこだわりながらも幅約73ミリのコンパクトサイズと、携帯性に優れた約222グラムの軽量設計を実現。

■「KC-PS701」の主な仕様
表2: https://www.atpress.ne.jp/releases/253862/table_253862_2.jpg

※使用期間や利用状況、エリアなどによっては、表記の時間を下回る場合があります。

■MCAアドバンス対応無線機「KC-PS701」の製品情報とお問い合わせは、当社ホームページをご覧ください。
https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/office/phone/lineup/kc-ps701/index.html?atpress

■一般財団法人 移動無線センターについて
https://www.mrc.or.jp/

■「MCAアドバンス」のサービスについての詳細は、移動無線センターのホームページをご覧ください。
https://www.mrc.or.jp/service/advmca/

※1<防水について>IPX5とは、内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、無線機としての性能を保つことです。IPX7とは、常温で、水道水、かつ静水の水深1mの水槽に無線機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、無線機としての性能を保つことです。
※2<防塵について>IP6Xとは、防塵試験用粉塵(直径75μm以下)が内部に入らないように保護されていることを意味します。<動作温度>周囲温度5℃~35℃、湿度35%~90%の範囲内でご使用ください。ただし、-21℃~50℃であれば一時的な使用は可能です。
※3<耐衝撃について>アメリカ国防総省が制定したMIL-STD-810G Method 516.7:Shock-ProcedureIVに準拠した落下試験(京セラ独自試験:高さ1.5mからコンクリートに製品を26方向で落下させる)を実施しています。※すべての衝撃に対して保証するものではございません。
※4 2021年4月1日現在。京セラ調べ

※「ハイブリッドシールド」、「ウェットタッチ」、「グローブタッチ」は京セラ株式会社の登録商標です。
※LTEは、ETSIの商標です。※Wi-Fi(R)はWi-Fi Allianceの登録商標です。※USB Type-CはUSB Implementers Forumの商標です。※Qualcomm及びSnapdragonは
Qualcomm Incorporatedの商標または登録商標です。Qualcomm Snapdragonは
Qualcomm Technologies, Inc.またはその子会社の製品です。※Dragontrail(R)とそのシンボルマークとはAGC株式会社の登録商標です。※その他の社名および商品名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
※製品仕様およびサービス内容は、予告なく変更することがあります。※ディスプレイの表示はすべてイメージです。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

「KC-PS701」側面

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング