GfK Japan調べ:2011年 家電・IT市場動向

@Press / 2012年2月15日 13時30分

 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社(所在地:東京都中野区、代表取締役社長:朝比奈 進)は、2011年の家電およびIT市場の販売動向を発表した※。


【国内家電市場概況:市場は2009年とほぼ同規模に】
 2011年の国内家電小売市場規模は、約8兆5,000億円で、2009年とほぼ同規模になったと見込まれる。エコポイントの駆け込み需要により異例の市場規模となった2010年の9兆4,000億円には及ばないものの、節電志向の高まりによる省電力製品への需要増加や、アナログ停波による映像機器の買い替え需要に支えられた。販売チャネル別ではホームセンターが節電需要を追い風に好調な推移となった他、販売形態別ではインターネット通販が拡大した。家電市場全体におけるインターネット通販の構成比は前年から1%ポイント増加し、7.5%となったと見込まれる。


【薄型TV:エコポイント制度、アナログ停波が牽引し、2千万台に達す】
 薄型TV市場は2,081万台と、2010年に次ぐ国内TV市場2番目の販売規模となった。エコポイント制度、アナログ停波が原動力となり、エコポイント制度終了直前の3月は282万台、アナログ停波直前の7月には413万台の販売台数を記録した。特に2、3台目のアナログテレビの買い替えニーズから小型TVに対する需要が高まり、26インチ以下の数量構成比は40%と前年から6%ポイント増加した。2012年は故障等による買い換え需要がメインとなると考えられ、市場規模は1,100万台程度を見込む。


【DVD/Blu-ray:BDレコーダーが牽引。レコーダー・プレーヤー市場は1千万台超】
 数量前年比13%増の1,021万台となった。レコーダー市場は同19%増の708万台、内Blu-ray Disc(以下、BD)レコーダーは同35%増の615万台の販売を記録した。アナログ停波直前期には駆け込み需要が発生、7月のBDレコーダー販売台数は月間で過去最高となる104万台となった。BDレコーダーでは内蔵HDDの大容量化が進んでおり、500GBクラスの数量構成比は前年から17%ポイント増の58%となった。


【パソコン:リテール市場は5年連続、リセラー市場は2年連続の販売増】
 市場全体では数量前年比4%増の1,504万台となった。リテール市場は同6%増の670万台。平均価格の下落が買い替え・買い増し需要を喚起したと見られ、数量ベースでは5年連続のプラス成長となった。しかしながら、金額前年比は6%減と、前年のプラス成長からマイナス成長に転じた。リセラー市場は数量前年比3%増の504万台。リプレース需要に加え、震災後の節電対策やBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)対策も市場を押し上げた一因とみられる。平均価格の下落により金額前年比は1%減となった。

@Press

トピックスRSS

ランキング