.NET 開発環境下での帳票作成ツール、バージョンアップ! 「Reports.net Ver 6.2」を新たにリリース~ 均等割り付け等、文字列出力パターンが充実し~

@Press / 2012年2月15日 13時30分

有限会社パオ・アット・オフィス(本社:千葉県習志野市、代表取締役:村井 誠)は、Microsoft .NET 開発環境下での帳票作成ツールをバージョンアップし、「Reports.net Ver 6.2」をリリースしました。
製品サイト: http://www.pao.ac/reports.net/

今回リリースした「Reports.net Ver 6.2」は、業務系アプリケーション開発を自ら生業としているパオ・アット・オフィスが、同じ開発者の目線で設計・開発した、これまでの.NET帳票ツールの弱点をカバーした製品です。
日本の帳票に要求される機能を盛り込み、.NET開発者の皆様の開発および運用における使い勝手を最優先に考慮しました。


【今回のバージョンアップ内容】
■テキストの「均等割り付け機能」追加
印刷 /プレビュー / 独自印刷データ(XML) / PDF / SVG で、均等割り付け出力可能です。均等割り付けを行う場合、以下の機能(プロパティ)を設定できます。※[ ]が既定値です。

半角の均等割り付け   → する・[しない]
半角カナは均等割り付け → [する]・しない
均等割り付け対象外文字 → 複数指定可能
文字列前後も均等割り  → する・[しない]
文字列前後のスペース数 → [0]

■テキストの「指定バイト数越え自動伸縮機能」追加
指定バイト数を超えた場合、文字列を自動的に縮小して領域内に表示する機能です。これまで、桁数の指定は可能でしたが、ユーザの多くの声を反映し、バイト数での指定が可能となります。

■64bit(x64)版 を常時ダウンロード可能に
これまで、.NET 2.0 / 3.0 / 3.5 / 4.0 は、AnyCpu版を配布し、.NET 4.0のみx64版を配布していました。今回リリースで、.NET 2.0 / 3.0 / 3.5 についてもx64版をダウンロード可能となりました。

■英語版も同時リリース
英語環境では英語表記で動作します。
http://www.pao.ac/en/reports.net/


【開発の背景/純国産製品の利点】
帳票作成ツールは、業務系アプリケーションには欠かせない存在です。そのため、いくつかのソフトウエアベンダーからは、既に.NETの帳票ツールがリリースされています。
しかし、これまでの.NET帳票ツールは、海外製品が日本語化されたものがほとんどでした。
Reports.netは、日本の帳票に要求される機能を盛り込んだ帳票作成ツールとして独自に開発され、固定行数の伝票や罫線中心の表等のデザインが容易である事は勿論の事、(印鑑の)陰影を透かす様な機能も実装されています。

@Press

トピックスRSS

ランキング