三井物産マシンテック、スマートフォンの業務利用にセキュリティと利便性を両立させた新プラットフォームDMEを採用

@Press / 2012年4月11日 16時30分

株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表:鎌田 信夫)は、工作機械専門商社である三井物産マシンテック株式会社(本社:東京都港区、代表:谷本 敦)に、スマートフォンのセキュアなビジネスプラットフォームであるDME(ダイナミック・モバイル・エクスチェンジ)を納入し、3月末日より稼働を開始しました。

三井物産マシンテックは、スマートフォンの業務利用を推進しており、先進的な取り組みを行ってきましたが、社内の期待に応え、業務効率の向上を図るために、さまざまなツールの動作検証を行ってきました。


導入の条件としては、下記のようなものがありました。

1.社内ユーザーの要望や機能面、セキュリティ面を考慮して、iPhoneの採用を決めていた。
2.従来から使用している社内コミュニケーションシステムIBM Lotus Notes/Dominoを活用できること。
3.メール機能、スケジュール管理機能をモバイルで快適に、セキュアに使用できること。
4.業務はグローバルに展開されており、デバイスについては、原則的に会社貸与とするが、BYODとしても利用できること。
5.国内/海外、貸与/BYODに関わらず、端末、利用者、ツールを一元的に管理できること。

このような条件に照らして、三井物産マシンテックでは各種ツールを評価、DMEの採用を決定しました。その理由は、一般的なMDM(モバイルデバイス管理)ツールや企業向けスマートフォン・アプリを凌駕する、圧倒的な使い勝手の良さでした。また、オンプレミス導入とクラウドサービス利用を選択できる点も重要でした。

三井物産マシンテックでは、ソリトンのDMEクラウドサービスを活用し、まず国内利用者への展開を行い、順次海外拠点のDMEによるBYODを広げていく予定です。

■三井物産マシンテック株式会社 のコメント
 経営サポート室長 鎌滝 哲也氏

「DMEでは、iPhone上の会社領域を暗号化することで、オフライン時でもメールやスケジュールを確認できます。また、操作性は通常のiPhoneアプリと同様に快適で、他の製品とは一線を画した優れたツールであると判断しました。」


 経営サポート室 情報システム シニアコーディネーター 佐々木 克人氏

「DMEの選定に先だって、市場で入手可能な製品をいろいろ評価しましたが、DMEの操作性や機能は抜きんでていていました。特に、iOSのユーザーインターフェースを生かした作りになっているので、ユーザーがiPhoneが使えるのであればDMEも使える事が運用側の負荷を下げました。結果的に、トレーニングなしで導入でき、利用者からの質問も具体的で、運用する側としても無駄を省けたと考えています。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング