壁面設置のソーラー独立電源防犯システムの販売

@Press / 2012年2月17日 18時0分

LED
アーキヤマデ株式会社(本社:大阪府吹田市江の木町、社長:山出 満、以下「アーキヤマデ」)はこの度ソーラー独立電源を利用した「サニーエイド防犯システム」を開発、三井物産プラスチックトレード株式会社(本社:東京都中央区新川1丁目、社長:山本 明夫、以下「三井物産プラスチックトレード」)、株式会社昭和ネオン(本社:東京都品川区南品川1丁目、社長:高村 徹、以下「昭和ネオン」)と共同で販売を開始致します。三井物産プラスチックトレードがシステムを販売し、昭和ネオンが施工致します。

「サニーエイド防犯システム」は太陽光発電と蓄電池を組み合わせた独立電源ユニットであり、この度発表するのは防犯灯を組み合わせた防犯システムです。昼間における太陽光発電エネルギーを蓄電池に充電し、夜間その電力で防犯灯を点灯します。再生可能エネルギーを有効に利用したこのシステムは、節電対策や近隣の防犯対策、また企業のCSR向上に有効です。


■サニーエイド防犯システムの特長
・自然エネルギーを使用しているため省エネルギー
・青色・白色複合LED防犯灯は犯罪抑止効果と同時に高い明度を実現
・設置時間が短く、直ぐに利用可能
・企業の環境貢献PRに有効
・独立電源ユニットは災害時の電力供給基地として地域貢献

■サニーエイド防犯システムの構成
本システムは、太陽光発パネル、壁面設置システム、蓄電池システムとLED防犯灯から構成されます。

・太陽光パネル「Q.PRO」(製造:Qセルズジャパン株式会社)
出力240Wの大出力モジュール「Q.PRO」を採用。変換効率14.41%は業界トップクラスで、低照度発電にも優れるため壁面設置にも有効です。

・壁面設置システム「エネブリッド」(製造:アーキヤマデ株式会社)
壁面設置に優れた「エネブリッド」は、壁面に取付けたレールに太陽光パネル背面に取付けたフックを引掛けるシステムであり、パネル外側からの取付けが容易なため短工期の設置が可能です。また、5°、10°、15°と角度をつけて設置することが可能で、発電効率の向上に繋がります。(特許出願中)

・蓄電池システム「エナジータンク」(製造:株式会社イーステージ)
蓄電池システム「エナジータンク」は、4.8kWh(5時間率)の大容量制御弁式鉛蓄電池を内蔵しています。インバーターは正弦波出力最大2,000W(サージ4,000W)で内蔵コンセントにより災害時にも威力を発揮。太陽光パネルからの充電部分には最大電力追従制御を行い、太陽エネルギーを高効率で変換します。また電圧が一定以下になった場合のみ商用電力からの充電で補充する回路を内蔵しているため、無駄な充電を防ぎます。カラーオーダー、容量変更等のカスタマイズが可能です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング