ディサークル、POWER EGG クラウドの価格改定を実施 グループウェア月額400円から利用可能へ

@Press / 2012年2月22日 11時0分

グループウェア、ワークフロー関連ソフトウェアの開発・販売を行うディサークル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:西岡 毅、以下 ディサークル)は、ポータル型グループウェア、ワークフロー製品のPOWER EGG(パワーエッグ)2.0をクラウド型で提供するサービス「POWER EGG クラウド(パワーエッグ クラウド)」の価格改定を2012年2月22日より実施致します。
今回の価格見直しにより最大50%の値下げを行い、グループウェアは月額400円~、汎用申請ワークフローは、月額900円~利用可能となります。また、新たに利用できる機能として、「Webデータベース」が追加となります。「Webデータベース」は、「POWER EGG クラウド」上で誰でも簡単にデータベースを作成することが出来る機能で、社内情報の共有、活用を可能とします。


【新価格】
・ライトプラン(グループウェアのみ利用可能)
 新価格:400円~ (旧価格:800円)
・スタンダードプラン(※汎用申請ワークフロー利用時)
 新価格900円~ (旧価格:1,400円)
※上記価格の他にサービス基本使用料金(月額10,000円~/1ライセンス)が必要となります。
※上記価格は1ライセンスあたりの月額価格となります。(消費税は含まれていません)

その他の価格についてはディサークルWebサイトをご覧ください。
http://www.d-circle.com/cloud/price.html


【実施時期】
2012年2月22日(水)


【POWER EGGとは】
『POWER EGG』は、統制強化と業務効率向上の両立を図る上場企業や中堅企業向けに、「気づき」から「行動」を促すプッシュ型ポータル機能やワークフロー機能等を提供しています。2012年1月末時点で、1,069社(自治体:77団体を含む) 255,800ライセンスの販売実績となり、国産ポータル型グループウェア、ワークフローシステムとして高い評価を受けています。


【ディサークル株式会社について】
ディサークル株式会社は、ビジネスポータル関連のパッケージソフトウェアを開発・販売することを目的に1999年4月30日に設立されました。「ビジネスポータル・ソリューションの提供」をメインテーマに、マーケットニーズを的確に掴んだ製品開発を目指し、お客様にとって確実に導入効果が得られる製品POWER EGGを2000年2月より販売しています。


※POWER EGGはディサークル株式会社の登録商標です。
 その他記載されている会社名、製品名は各社の登録商標または商標です。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング