GfK Japan調べ:GfK Certified Video Software 2011 発表

@Press / 2012年2月20日 15時0分

GfKロゴ
 ジーエフケー・ライフスタイルトラッキング・ジャパン株式会社(略称:GfK Japan、所在地:東京都中野区、代表取締役社長:朝比奈 進)は、同社が実施している小売店パネル調査の結果より、「GfK Japan Certified Video Software 2011」として、暦年でもっとも販売数量の多かった映像ソフトメーカーを発表しました。

 GfK Japanは、全国の有力映像ソフト取扱店からPOSデータを収集し、統計的な手法に基づき全国市場規模相当に拡大推計しています(※1、※2、※3)。本発表は2011年1月1日~12月31日の販売実績(数量ベース)を合算集計した結果に基づいています。本年度は昨年度に引き続き、映像ソフト全体が5部門(※4)、Blu-rayソフト単体が3部門となり、計8部門の発表となりました。


(※1) CD・DVDの販売店/レンタル店(メデイアストア)、家電量販店、総合量販店、およびEコマースでの販売を集計。コンビニエンスストア、玩具店、書籍店などの販売は集計に含んでおりません。
(※2) 映像ソフトの「発売元」メーカーとしての販売数を集計しております(「販売元」としての集計ではありません)。
(※3) 当集計にはゲームソフトとの同梱版は含まれておりません。
(※4) 映像ソフト全体の5部門は、通常DVDソフト、Blu-rayソフトなどを全て含めた集計になります。


【発表部門(全8部門)】
■映像ソフト全体(5部門)
◇販売数量No.1タイトル
 「ARASHI 10-12 TOUR“Scene”~君と僕の見ている風景~【stadium】」(嵐)/ジェイ・ストーム
◇「映画部門」トップシェア
 ワーナー エンターテイメント ジャパン
◇「TVドラマ部門」トップシェア
 ワーナー エンターテイメント ジャパン
◇「アニメ部門」トップシェア
 アニプレックス
◇「音楽部門」トップシェア
 ジェイ・ストーム

■Blu-rayソフト単体(3部門)
◇販売数量No.1タイトル
 「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 DVD+ブルーレイセット」/ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
◇「映画部門」トップシェア
 ワーナー エンターテイメント ジャパン
◇「アニメ部門」トップシェア
 アニプレックス


【2011年 GfK Japan Certified Video Software メーカー別数量シェア一覧】
http://www.atpress.ne.jp/releases/25553/1_2.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング