農業経営を革新。農産物の販売・生産を「AgriSUITE」で一元管理

@Press / 2012年2月22日 11時0分

「AgriSUITE」画面例
株式会社日立東日本ソリューションズ(本社:仙台市青葉区、代表取締役社長:菱沼 茂樹)は、このたび、農業分野において販売と生産の情報をWeb環境で一元管理し、生産者や販売・物流を行う関係者で情報共有が可能な販売・生産連携プラットフォーム「AgriSUITE(アグリスイート)」の無償試行を開始しました。


■「AgriSUITE」開発の背景
日本の農業を取り巻く環境は、「農業就業者の高齢化や後継者不足」「安価な輸入農産物との競争激化」「国内自給率の低下」など多くの課題を抱えています。
こうした中、日本の農業の再生と競争力強化のための新たな取り組みとして、農業や水産業などの第一次産業が食品加工・流通販売にも参画し、効率と付加価値を上げる六次産業化や農商工連携により新たな商品・サービスを生み出す動きが活発化しています。農業の競争力を強化するこのような取り組みを推進するためには、生産者や流通関係者などの関係間でタイムリーに情報を共有し全体効率を高める情報基盤が必須になります。


■「AgriSUITE」について
日立東日本ソリューションズは、このようなニーズに応えるべく農業分野向けの販売・生産連携プラットフォーム「AgriSUITE」を開発しました。日立東日本ソリューションズが製造・流通分野で長年培ってきたサプライチェーン管理技術をベースに、農業分野における生産計画・実績管理の領域で豊富な経験とノウハウを持つアグリサポートネットワーク株式会社(本社:富山県富山市、代表取締役:柴田 時和)との共同研究を通じて、農業における販売と生産の計画連動と情報の一元管理を実現しました。

「AgriSUITE」を利用することで、生産者は、タイムリーに販売見通しや出荷状況が見えるようになるため、消費者の需要を考慮した生産量の計画や、需要変動に合わせた出荷計画の調整ができ、「需要と連動した適切な生産計画の立案」を実現できます。また、日々の生産状況、収益情報、生育予測などの様々な情報を出力・登録できるため、市場が変化する中でも的確なコスト管理、効率的な土地利用などが可能です。さらに、「AgriSUITE」の情報は、複数の生産者、流通・小売関係者、支援機関の間で共有できるため、それぞれの立場での業務効率向上と全体の経営改善につながります。

「AgriSUITE」画面例: http://www.atpress.ne.jp/releases/25555/a_1.jpg

「AgriSUITE」は現在、生産者の経営支援システムとして宮城県の農業法人などで試験導入中です。ユーザからのフィードバックを反映し、入力方式やシステムの登録情報など現場にフィットした操作性と機能を実現しています。尚、「AgriSUITE」は、現在20ユーザの試行が決まっております。今後はさらに、東北および全国の農業法人の皆様の試行を増やしていく予定です。


■「AgriSUITE」の特長
(1) 販売計画に基づいて生産計画を立案
生産者は、販売先からの注文情報を登録することで作物別の販売計画を立てることができます。更に、この販売計画に基づいて、出荷時期、生産能力(量・品質)などを考慮した生産計画を立案できます。販売先からの注文と連動した計画的な生産ができるため、品不足や作り過ぎのリスクを回避します。

(2) 日々の収益状況を見える化
日々の生産コストや販売金額などの収益情報の管理と情報共有が可能になります。利益の見える化に加え、日々の販売単価や経費など収益に影響を与える要素の情報管理も可能となるため、収益悪化の早期検知や収益改善に向けた迅速な対応が可能になります。

(3) テンプレート機能により情報入力の手間を大幅に短縮
「データの入力に手間がかかる」という現場のニーズにお応えするため、テンプレート機能をご用意しました。これにより、入力時間の大幅な短縮を実現しました。作業者別や作物別などの定型的な入力作業を、生産現場の運用に合わせたテンプレートとして登録することで、日々のデータ入力の作業量の削減と品質向上を実現できます。

「AgriSUITE」利用イメージ: http://www.atpress.ne.jp/releases/25555/b_2.jpg


■アグリサポートネットワーク株式会社 代表取締役 柴田 時和様コメント
当社は、契約栽培や計画栽培に求められる「納期・品質・ロット」の管理を現場目線で支援する「知恵作」を開発・提供しており、これまで多くの生産者に育てていただき、農業経営の現場でご活用いただいております。
しかし、より広く生産現場に貢献しようと考えれば、販売管理面の強化とWeb環境での運用は必須であると認識していました。今回の「AgriSUITE」に関する協業を通じて、これまで当社が農業の現場で蓄積してきた知識・経験を日立東日本ソリューションズの高い技術力と統合し、今後の農業を拓く新しい基盤の構築ができました。当社は今後も日立東日本ソリューションズとともに、生産管理だけではなく、販売、製造、加工、流通も含めた6次産業化に向け、「AgriSUITE」を活用した提案でアグリビジネスの現場に価値あるソリューションを提供してまいりたいと存じます。


■農業向け販売・生産連携プラットフォーム情報共有サービス「AgriSUITE」製品紹介ページ
http://www.hitachi-to.co.jp/products/agri/


■アグリサポートネットワーク株式会社について
http://www.agrisupportnetwork.co.jp/


■RTJ出展のお知らせ
3月6日(火)~3月9日(金)に東京ビッグサイトにて開催される流通情報システム総合展『リテールテックJAPAN 2012』に、今回試行提供を開始する「AgriSUITE」を出展します。
http://www.hitachi-to.co.jp/seminar/event/retail/index.html

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

「AgriSUITE」利用イメージ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング