帝塚山大学、洛和会ヘルスケアシステムの協力のもと、アレルギーレシピサイトを新規オープン

@Press / 2012年2月21日 16時30分

 P.Y.M株式会社(所在地:大阪市淀川区、代表取締役:大蔵 将史)は、食物アレルギー食でお困りのお父さん、お母さん、集団給食現場の方などのために「簡単で美味しいレシピ」をテーマにした食物アレルギーレシピを無料で提供するサイト「アレルギーレシピ.com」を公開いたしました。

アレルギーレシピ.com: http://arerugi-soudan.com


■サイト公開の背景
 食物アレルギーを持つ子どもは年々増加傾向にあり、10年前と比較すると約2倍となっています。
 (参考資料:東京都公式ホームページ
  http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2010/04/60k4m100.htm )

 また、食物アレルギーは一歩間違えるとアナフィラキシーショックなどを起こし、死に至ることもあります。そのため、食物アレルギーをもつ子どもと接する保護者や集団給食現場の方は細心の注意を払って食事を提供しています。

 しかし、食材を除去すると、どうしてもレシピのレパートリーが少なくなり、偏った食生活になりがちです。
 また、近年は共働きの家庭も多いため、食物アレルギー食になかなか手をかけることができないという現状もあります。

 食物アレルギーの情報はネットなどで簡単に調べることはできますが、食物アレルギーレシピの情報はまだまだ充実しているとはいえません。
 そこで、P.Y.M株式会社は、帝塚山大学現代生活学部食物栄養学科(管理栄養士養成課程)・洛和会ヘルスケアシステムのご協力を得て、特定原材料である卵・牛乳・小麦粉と大豆、さらに、その他の特定原材料である、エビ、カニ、ソバ、落花生を除去したレシピをご紹介するWebサイトをオープンいたしました。


■「アレルギーレシピ.com」について
 本サイトでご紹介するレシピは、忙しい方でも簡単で美味しく作ることができるように、使用する食材は、スーパーなどで手軽に手に入れられるものに限り、調理器具もガスコンロやオーブン、蒸し器など一般家庭にあるもののみを使用いたしました。
 レシピも、子どもが大好きなハンバーグやグラタン、プリンやケーキなどのお菓子まで、バラエティーに富んだラインナップ。
 簡単で美味しいレシピが充実しているので、もう毎日の献立に困ることもありません。


■今後の展開
 今後は、本サイト内で、帝塚山大学現代生活学部食物栄養学科(管理栄養士養成課程)で管理栄養士をめざす学生が考案した食物アレルギーレシピを「学生考案レシピ」として展開していきます。
 また、洛和会ヘルスケアシステムが運営している保育園を学生が訪問し、どのように食物アレルギーに対応しているのか・どのような種類の食物アレルギー食を提供しているのかなど、集団給食の現場のレポートを公開予定です。

 アレルギー週間である2月17日~2月23日に少しでも食物アレルギーについて関心を持っていただきたく、また、食物アレルギーでお悩みの方々にとって本当に役に立つWebサイトとすることで、大学や企業とのアレルギー食に関わるコラボレーションがより一層の広がりを見せることを期待しています。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング