国内初、日本語対応のヘッジファンド総合情報サイト『ヘッジファンドナビ』を開設!

@Press / 2012年4月3日 9時30分

投資家向けヘッジファンドポータルサイトを運営するヘッジファンドナビ株式会社(本社所在地:東京都港区、代表:服部 祐史)は、この度、国内初となる日本語対応のヘッジファンド総合情報サイト『ヘッジファンドナビ』を開設致しました。
URL: https://www.hedgefund-navi.com/


『ヘッジファンドナビ』の開設目的、掲載手順、特徴は以下の通りです。

●『ヘッジファンドナビ』開設の目的
一般的にヘッジファンドと言えば、プロ投資家と呼ばれる適格機関投資家や年金基金、そして一部の富裕層のみが投資している金融商品でした。

しかし、最近では大手証券会社を始め、ネット専門の証券会社が一般投資家向けにヘッジファンドの販売をしており、ヘッジファンドは一般の投資家の間にも徐々に浸透しつつあります。

更に、最近では金融雑誌や新聞紙上で、ヘッジファンド、特に日本人のファンドマネージャーが運用しているヘッジファンド(以下「和製ヘッジファンド」)が有している独自の運用手法並びにパフォーマンスの良さが取り上げられ、ヘッジファンドの注目度は日々高まっていると言っても過言ではありません。

このように、ヘッジファンドに関する情報が証券会社やメディア等を通じて徐々に露出しているため、今後、投資家はヘッジファンドに関する情報の取捨選択が求められると考えられます。

そのような状況の中、当社では、独自の基準に基づき厳選した和製ヘッジファンドの情報のみを掲載する、日本語対応のヘッジファンド情報サイト『ヘッジファンドナビ』を開設致しました。


●『ヘッジファンドナビ』掲載の手順
当サイトに掲載するためには、ヘッジファンド運営会社の代表者及びファンドマネージャーは、当社代表との直接面談を必須とし、更にヘッジファンド運営会社は以下の基準をクリアすることが必要となります。

(1)法令順守に則った経営を行い、監査法人、法律事務所、プライムブローカー、アドミニストレーターといった外部機関のチェック機能を有している。

(2)オリジナルの運用手法を確立し、マーケットの上昇・下降に依存することなく安定的なパフォーマンスを出している。

(3)投資対象先が明確になっている。

当サイトを通じて、少しでも多くの投資家がヘッジファンドに関する正確な情報を入手し、ヘッジファンドに興味を持って頂くことにより、ヘッジファンドを資産運用の一助として考えて頂くことを目的としております。
また、多数の投資家にヘッジファンドに興味を持って頂くことにより、ヘッジファンド業界を今まで以上に透明化かつ活性化させることも目的としております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング