イッティ、独自の構造で、快適な皮膚温度を保つ空気の流れを実現した 超軽量の掛け布団「陽だまりの休息」を開発

@Press / 2012年2月27日 11時0分

商品イメージ
ECサイト運営を行う株式会社イッティ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:瀧本 洋)は、保温効果を高め、寝返りや寝相が悪くても体にフィットし、ずれにくい立体構造を持つ超軽量の掛布団「陽だまりの休息」を独自で開発いたしました。
現在、当社が運営するECサイト 一番星限定で、29,800円(税込)にて販売しております。

一番星: http://ichiban-boshi.com/shop/shop.cgi?id=34


【「陽だまりの休息」の特長】
睡眠中のストレスは掛布団の重さにあることに着目し、羽毛布団並みの温かさ、保温性を保ちつつ、従来の布団の重さを約30%カットし、1.0kgの軽量化を実現しました。
睡眠中のストレスはほぼ皆無となり、質の良い眠りを体感することができます。

「陽だまりの休息」に使われている特殊な繊維は、極細で複雑に入り組んだ構造を持ち、従来の布団の約20倍の繊維量です。
繊維と繊維の間の隙間が通常の布団と比べ圧倒的に狭いので、空気を閉じ込め保温性を保ちます。

■V字ホットエアリー構造
睡眠中の快適な皮膚温度は、32度~34度と言われています。
この温度を保つため、温かい空気が外側に逃げず、快適な温度を保つことが必要です。
そこで人間の体温を快適に保つ空気の流れを実現できる構造を考えました。
人と布団の間に適度な空間を作るように考えられた構造です。

■アレルギーの方でも安心
抗菌性、防ダニ、ノンダスト、防臭性、速乾性、吸汗にこだわりました。
特に清潔性を重視し、安全基準をクリアしたSEKマークを取得している特殊なポリエステルの綿を採用しています。
※羽毛布団のように動物素材を使っていないので、アレルギーのみならず、動物の特殊なタンパク臭もありません。

■ボディフィットキルト構造
寝返りや、寝相が悪くても体にフィットして、布団がズレにくい構造を実現しました。
独自の人間工学に基づき、眠っている時の人の動きに合わせて設計されたR曲線の構造です。
身体の凹凸(ふくらみ)に合わせて布団に立体加工をしているので、身体のある中央部は膨らみ、寝返りをうっても身体にフィットしたまま、かつ圧迫感がない状態で眠ることができます。

■リバーシブル構造
秋冬面と春夏面でリバーシブルになっているので一年中使うことができます。
秋冬面は温かい空気を外に逃がさない構造、春夏面は通気性がよくムレにくい構造になっています。

■丸洗い可能
従来の布団は洗濯が難しいとされていましたが、洗濯に耐えられる素材を使用しているため、丸洗いが可能です。
定期的に洗濯することにより、アレルギーの原因となるダニの温床となりにくく、お子様やアレルギーを心配される方にも安心してお使いいただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング