賞品総額31.4万円が当たる! 身近にある「数学」を使った川柳と俳句大募集!!応募締切:2012年2月29日(水)、3月14日(水)「数学の日」に優秀作品発表!

@Press / 2012年2月27日 18時0分

数学検定
財団法人 日本数学検定協会(本部=東京都台東区、理事長=清水 静海)では、「数」「算数」「数学」のイメージを詠みこんだ川柳と俳句を募集する「第一回 数学川柳&数学俳句」コンクールを開催しております。
「数学川柳&数学俳句 作品大募集!」ページ http://www.su-gaku.net/events/senryu-haiku/


■数学川柳とは
学校では、理数系学習の重要性と、伝統文化の学習など、学習領域がかなり広範になりつつあります。もともと数学は、数量などについて一定の定理を導きだす論理的な学問ですが、それに“日本の伝統文化”である川柳・俳句の自由な発想をミックスしたのが「数学川柳&数学俳句」です。本来論理的で感性に訴えることのない数学を、五・七・五の素数からなる芸術で表現する試みとなります。

2012年2月1日(水)よりWEBからの募集も開始し、Twitterでも投稿が可能です。
応募の締め切りは2012年2月29日(水)までとなっております。

優秀作品の発表は、来年生誕134周年を迎える天才アルベルト・アインシュタインの誕生日でもあり、数学のロマン・ミステリーでもある、円周率(3.14159265・・・)から決められた『数学の日(2012年3月14日)』に公式ホームページにて行います。優秀作品に選ばれた方には賞品(総額31.4万円相当)を差し上げます。


■あの松尾芭蕉も数学俳句を楽しんでいた!!
五七五の素数からなる唯一の芸術の俳句。古くは、「五月雨を 集めて早し 最上川」の俳句で知られる松尾芭蕉や「四五人に 月落ちかかる をどりかな」を詠んだ与謝蕪村ら、往年の俳人も俳句の中に「数」を乗せて楽しんでいたのです。現在では外国人が日本語で俳句を作るコミュニティーを始めたり、手軽で誰でも楽しめるということで、若い世代にも注目を集めています。

現在、数学川柳&数学俳句の応募数は2,000件を超え、「政権は 正負どころか 負けばかり」、「葉っぱには なるほど虫が ついている“(8×8=64)」、「確率で 人生設計 成り立たず」など現代を風刺したユニークな俳句や川柳が集まっています。


≪募集要項≫
■作品条件:
「数」「算数」「数学」のイメージを詠みこんだ句であること。新作で未発表のものであること。

■応募条件:
一回につき二句までご応募いただけます。応募回数・年齢は問いません。
ご家族やグループ、学校単位での応募は「団体応募」となります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング