わたしみがきアンケートレポート 「オフィスの節電対策はまだ不十分」と感じている働く女性が約7割

@Press / 2012年2月28日 12時0分

コクヨグループの株式会社カウネット(本社:東京都港区、代表取締役社長:八十 卓司)が運営する、はたらく女性向け情報サイト「わたしみがき」( http://www.watashimigaki.com/ )では、「わたしみがきアンケートレポート」として、2012年1月27日から2月2日に全国の有職女性を対象に「冬の節電」に関する調査を実施しました。


季節を問わずにオフィスの節電状況についてたずねたところ、「十分に節電できていると思う」との回答は約3割に留まり、約6割は「まだまだ節電できると思う」、約1割は「まったく節電対策ができていないと思う」と回答。約7割が“オフィスの節電対策はまだ不十分”と考えていることがわかりました。

一方、この冬の節電対策について聞いてみると、9割以上のオフィスでは何らかの節電対策を行っているという結果となりました。6割程度のオフィスでは「休み時間は消灯する/使っていないエリアの電気は消す」「エアコンの設定温度を低くしている」といった対策を取っており、様々な節電対策を行っているが、まだまだ節電できると思っているのが現状のようです。

昨年夏からの節電を通して「今後も積極的に節電していきたい」と感じた人は約6割、「節電が身近なものになった」「節電をするのが当たり前だと思うようになった」が約半数と、節電に対していっそう前向きな意向が伺えます。オフィスでは、社内の意識統一やルールの徹底により、今後さらに節電対策が進んでいくのではないでしょうか。


■Q. あなたのオフィス(仕事場)での節電対策は、十分にできていると感じますか?(単数回答、N=291)
十分に節電できていると思う                   33.7%
まだまだ節電できると思う                    55.0%
まったく節電対策ができていないと思う              11.3%

■Q. この冬、あなたのオフィス(仕事場)ではどのような節電対策を行っていますか?(複数回答、N=291)
休み時間は消灯する/使っていないエリアの電気は消す        63.2%
エアコンの設定温度を低くしている                56.0%
PCなどのOA機器は、不使用には節電モードや電源オフにする     38.8%
照明を間引き点灯している                    37.1%
ウォームビズを実施している                   24.7%
書類はなるべくプリントアウトしない               17.2%
エアコン以外の暖房に切替えたり、併用している          16.2%
エアコンの運転時間を短縮している                15.1%
エレベーターやエスカレータをなるべく使わない          12.0%
照明をLEDにしている                       8.9%
エレベーターを一部運転停止にしている               5.5%
節電機能がある電化製品を利用している               5.5%
特に行っていない                         7.2%

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング