戦略的WEB解析ツールがバージョンアップ 100個の新機能を追加した「チーター9.0」発売開始

@Press / 2012年3月6日 9時30分

研究開発型インターネットコンサルティング会社、株式会社ペンシル(代表取締役社長:覚田 義明、以下 ペンシル)は、サイトの解析、問題発見、改善、検証が出来るサイト分析ツール「チーター」をバージョンアップ。100個の新機能を搭載した「チーター9.0」として、3月1日(木)発売を開始致しました。

『戦略的WEB解析ツール「チーター」』公式サイト
http://www.pencil-cheetah.jp/?wh=NR

2005年からチーターX(10.0)を目指して開発をしてきたチーターも7年の歳月をかけていよいよ完成間近。来秋、理想のツールが完成します。今回は細かい改善を行いながら大幅な機能拡張を実現しました。大型新機能も盛りだくさんです。


【チーター9.0 10の主な新機能】
●1,800倍の高速化。大規模サイトでもすぐに表示
●関連サイト統合分析(本サイト・サテライトサイト・関連分析)
●エントリーフォーム入力分析(レインボーグラフ)
●購入者分析(売上げ分析・売上げ誘導元分析・売上げグラフ)
●スマートフォン専用分析「チーターSmartPhone」完成
●サイトツリーマップバージョンアップ
●キーワード分析・ワード抽出機能
●詳細分析対応。1画面でわかりやすさはそのまま、深い分析まで
●メニュー3階層化で更に解りやすく使いやすく多機能に
●サーバー分析機能で、サーバーの状況や異常も把握可能に


【チーター9.0 全ての新機能・100個一覧】
◆新分析機能追加    :10個
◆既存機能のデータ追加 : 8個
◆スピードアップ    :13個
◆キーワード絞り込み追加: 5個
◆ユーザビリティ向上  :27個
◆設定表示機能     : 5個
◆サマリー表示機能   : 7個
◆期間指定機能の拡張  : 5個
◆API連携の開発     : 1個
◆専用解析の開発    : 7個
◆新分析ジャンルの追加 : 6個
◆研究・実験      : 3個
◆運用機能拡張開発   : 3個


【チーター9.0対応について】
チーター8.0導入済みのサイトは、自動的に全て「チーター9.0」になります。
ログインIDやパスワードもそのまま使えます。URLも変わりません。

<1:大規模・大容量サイトへの対応>
 大規模・大容量サイトの分析にも対応。
 解析表示の1,800倍の高速化と、データ解析の10倍高速化を実現しました。
 思考の流れを止めずに分析を続けることができます。


<2:関連サイト統合分析 4つの新機能>
 このメニューは、主要サイト、関連サイトなど、複数のサイトを運用している場合に全サイトを統合的に分析するための専用機能です。

 企業におけるWEB戦略において主軸となるサイトを「本サイト」、それ以外のサイトである、サテライトサイトやサブサイトなどを「関連サイト」と呼んで、それぞれを個別に解析を行ったり、全てを1つのサイトとして統合して解析を一緒に見たりしています。

●統合サイト別アクセス数グラフ
 ユーザーが複数のサイトのうち、どのサイトに多くアクセスしているかをグラフで見ることができます。

●統合サイト別エントリー数グラフ
 ユーザーが複数のサイトのうち、どのサイトを入口とし、エントリーしたかをグラフで見ることができます。

●統合サイト別入口別ランキング
 ユーザーが関連サイトから本サイトのどのページへどれくらい到達したか、また、そのうちどれくらいのユーザーが、資料請求などの完了画面まで到達したのかを分析することができます。

●統合サイト別キーワードランキング
 ユーザーがGoogleやYahoo!などの検索エンジンを使って検索し、どんなキーワードで本サイトや関連サイトへ訪れたのか、エントリーまで到達したのかを分析することができます。


<3:エントリーフォーム入力分析>
 ユーザーが、エントリーフォームでどこまで入力したのかを色分けグラフで、視覚的に分析することができます。
 どこまで入力して、どこで諦めて離脱したのかを知ることで離脱しない、戦略的なフォームを設計できます。


<4:購入者分析>
 サイトからの注文件数と売上げ金額を分析できます。
 注文したユーザーがどこから来たのかや、どれだけの金額でどんな商品を購入したのかをグラフや表で見ることができます。


<5:スマートフォン専用分析 チーターSmartPhone>
 増加し続ける、スマートフォンを利用するユーザーによるWEBサイトへのアクセス傾向を把握して最適化を行うためには、適切な分析が必要となります。
 ペンシルはそのニーズに応えるため、PCと同じ視点からスマートフォンも分析できるように対応しました。

【フィーチャーフォン登録数 616機種】
●DoCoMo :297機種
●au   :153機種
●SoftBank:166機種

【スマートフォン登録数 156機種】
●DoCoMo :64機種
●au   :32機種
●SoftBank:43機種
●EMOBILE :14機種
●WILLCOM : 3機種


<6:3つの新機能追加 サイトツリーマップ>
 コンテンツ階層の分析に便利な「サイトツリーマップ」に3つのエントリー分析用の機能を追加しました。

●エントリー数
●認知・一般(エントリー数)
●PPC・SEO(エントリー数)


<7:キーワード分析・ワード抽出機能>
 キーワード分析のメニューに、キーワード検索機能を追加しました。
 検索窓に単語を入れて検索をすると、特定の単語を含んだキーワードだけを抽出して、一覧表示することができます。


<8:詳細分析対応>
 1つの画面でわかりやすさはそのまま、より深い分析までできるように機能を追加しました。
 積み上げグラフの追加、ソートボタンの追加、SEOとPPCの切り替えタブ、など深い分析までできるような機能を追加しました。
 また、1つのメニューで同時に見たいデータ項目の追加も行うなど、全部で47項目にわたり機能を追加しました。

 最初に開いた画面での分かりやすさはそのまま、深い分析へもメニューを行き来することなく進むことができます。


<9:メニュー3階層化で更に解りやすく使いやすく多機能に>
 チーターが多機能になるにつれ、メニューの数が増えてきました。
 さらに分かりやすく便利に使い続けることができるよう、メニューをこれまでの2階層から、3階層へカテゴリ構成を刷新しました。
 また、メニューの並び順序も大幅に変更。本当に大事な分析から順に詳細を見る分析へと掘り下げていく、分析の流れを大事にしました。


<10:サーバー分析機能で、サーバーの状況や異常も把握可能に>
 一般的な解析ツールでは珍しい、サーバー分析メニューができました。
 チーターの他のメニューと同じくグラフ表示でサーバーのメモリやHDDの使用状況を確認できます。これまで把握できていなかったサーバーの状況監視がチーターの中で簡単にできるようになります。


【チーター9.0 機能拡張】
●チーターの設定を、画面上から確認できる
 広告設定やキーワード設定、フィルタリングするIPアドレスなど5つの設定内容を、チーターの画面上から確認できるようになりました。

●検索エンジン・誘導元カテゴリを更に追加!
 スマートフォン用dメニュー、専門情報サイトのカテゴリ等を新たに追加。
 登録サイト数が大幅に増えました。


《新規追加》
◆検索エンジン
154種 590パターンへ(17種 25パターン追加)

◆カテゴリ
大カテゴリ:20カテゴリ(1カテゴリ追加)
中カテゴリ:545種(145種追加)
URL    :1,011パターン(296パターン追加)


【チーター コンセプト】
チーターは、サイトの分析を行い。問題点を見つけて、改善を行うことでサイトのパフォーマンスを最大化できる、WEBコンサルタントやWEBプロデューサーが使う専用の「サイト分析ツール」です。

「分析」+「問題発見ができる」+「改善ができる」+「検証できる」

●「分析ができる」
WEBコンサルに使いやすく解りやすく簡単

●「比較・問題発見ができる」
コンサル・サイトチェック500表示

●「改善ができる」
コンサルティングノウハウを動画で解説

●「検証できる」
改善し解決できたことを、検証できる


【株式会社ペンシル会社概要】
会社名: 株式会社ペンシル PENCIL
所在地: 東京オフィス
     〒105-0014 東京都港区芝3丁目14-4 NB三田ビル5F
拠点 : 東京/大阪/名古屋/福岡
代表者: 代表取締役社長 覚田 義明(かくだ よしあき)
設立 : 1995年2月10日
資本金: 5,200万円
URL  : http://www.pencil.co.jp/?wh=NR

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング