2012年 春 トレンドレポート 定番化した「ハロウィーン」に続き、次の歳時イベントは? 2012年の春は「イースター」が話題

@Press / 2012年3月15日 14時0分

エッグハント・イン・東京ディズニーランド
 生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、2012年春の最新トレンドとして、「イースター」に注目しレポートします。

 企業各社が秋の「ハロウィーン」を活かし、商戦を繰り広げている傾向は年々と日本でも高まってきています。欧米では既に定着している「イースター」ですが、日本でも先行していくつかの企業が「イースター」に関連する商品を販売したり、イベントを開催したりしています。2012年春、東京ディズニーランド(R)では、2010年より実施しているイースターをテーマにしたスペシャルイベント「ディズニー・イースターワンダーランド」を開催。また、B-R サーティワン アイスクリームでは、「イースターフレーバー」2種や「エッグカップサンデー」、「イースターバラエティBOX」などの限定商品を発売する、「ワンダフルイースターキャンペーン」を実施します。「イースター」をテーマにした取り組みを始める企業は日本でも年々増えており、2012年の春は、新たな商戦として「イースター」に注目する企業はさらに増えることが予想されます。

 そこで、トレンド総研では20~30代の男女300名に対しておこなった「イースターに関する意識調査」を発表するとともに、「イースター」に関する企業各社の2012年春の最新の取り組みをレポートいたします。また今回、各社に先駆けて東京ディズニーリゾート(R)で「イースター」をテーマに取り組みをおこなっている株式会社オリエンタルランド リゾートクリエイト部 吉田氏にインタビューをおこないました。


■ そもそも「イースター」とは?

 「イースター」とは、毎年春分後の最初の満月の翌日曜日(2012年は4月8日(日))のおよそ1か月ほど前から始まるキリスト教の「復活祭」。多産で知られるウサギや、生命の象徴であるタマゴ(イースター・エッグ)をモチーフにしたお菓子などが登場し、春の訪れも一緒に祝うという賑やかなイベントです。欧米の家庭では、タマゴをカラフルにペイントをして楽しむ「エッグペイント」や、そのタマゴを庭や公園などに隠して探し出す「エッグハント」と呼ばれる遊びなど、様々な形で楽しまれています。さらに欧米ではイースター前後の日がお休みになる「イースター休暇」まで存在し、毎年街中でイースターをお祝いしています。

 全米小売業協会(NRF)によると、アメリカで「イースター」は、「クリスマス」、「バレンタインデー」に次いで3番目に売上の大きい祝日とのこと。2011年のハロウィーンの市場規模が約69億ドルに対して、2011年のイースターの市場規模は約147億ドルと2倍以上。日本企業各社が、この「イースター」を商戦期として注目しているのにも納得です。

@Press

トピックスRSS

ランキング