1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

“やめられないのは食・酒・タバコ、その理由は?”クチコミプラットフォーム「buzzLife」アンケートレポート

@Press / 2012年3月6日 13時30分

表1:やめられなかったこと
 インタラクティブ・マーケティングをワンストップで手がける株式会社イーライフ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:藤原 誠一郎)は、同社が運営するクチコミプラットフォーム「buzzLife」(バズライフ、 http://www.buzzlife.jp/ )の会員約16万人に対して、「今年やめられなかったこと、来年やめられそうか」についてアンケート調査を行いました。

 「buzzLife」会員は、商品の新しい価値を発見する「創造的消費」を行い周囲と積極的に交わる、いわゆるアクティブ・コンシューマーの要素が強く、無報酬の活動にも関わらず「buzzLife」の諸活動に積極参加し自分の意見を発信する特徴があります。今回のアンケートテーマ「今年やめられなかったことは?」は、「アンケートで取り上げてほしい話題」として会員から多く寄せられた意見に基づき設定された、いわば会員によって作り上げられたアンケートで、13,000名を超える会員から自由記述を伴う回答が寄せられました。


■全体の7割が「やめられなかった」ことあり、その大半は飲食関係
 まず最初に「今年1年を振り返って、やめたくてもやめられなかったことは?」と尋ねたところ、「間食・大食」が全体の37.3%と圧倒的多数。次いで「タバコ」6.4%、「酒」5.5%と、飲食に関連する事柄が上位を占めました。
 そのほかは「ネット閲覧」などの時間浪費、「衝動買い・無駄使い」など金銭浪費、「夜更かし・朝寝坊・昼寝」など生活習慣、さらには自分の癖や仕事・人生まで多岐にわたり、7割が何らかの「やめられなかったこと」を抱えていることが分かりました。

表1:やめられなかったこと
http://www.atpress.ne.jp/releases/25911/1_1.jpg


 性別で見ると、女性では「間食・大食」が全体の4割超と一極集中しているのに対し、男性は「間食・大食」「酒」「タバコ」にそれぞれ1割強ずつバラけているのが特徴的です。「間食・大食」についてFAを見ると、女性では「どうしてもケーキなどの甘いものをやめられなかった。」と、スイーツへの記述が多く見られました。対して男性は、「美味しいものを食べ過ぎてしまう」と、食べ過ぎの記述が目立ちます。同じ「食」でも男性は食べ過ぎ、女性はスイーツをそれぞれ気にしているようです。


■“やめられる/やめられない”の理由
 続いて「やめられなかったこと」を来年やめられそうか、またその理由を尋ねてみました。その結果、ほとんどの項目で「いいえ」が最も多く、すでに暗い見通しのようです。ここでは上位3項目(間食・大食・酒・タバコ)に着目して、やめられる/やめられない理由を見ていきます。

表2:来年はやめられそうか
http://www.atpress.ne.jp/releases/25911/2_2.jpg


【間食・大食】美容・健康は気になるけど魅力・誘惑に勝てない!
 まず間食・大食ですが、男性より女性が「やめる」に多く回答しています。酒・タバコにも回答がばらけた男性に比べて、女性は間食に集中していることから、それほどまでに間食が女性にとって魅力的でやめられないことなのかもしれません。
 やめる理由は、美容と健康を挙げる回答がほとんどです。20代・30代では、「お気に入りの洋服がきつくなってきたので。」と美容面が多く、40代以上では「太って疲れやすくなったし健康にも良くないと体感しているので。」と健康面が増えていきます。
 一方、やめられない理由としては「おいしいし、ストレス解消のためだから」と、ストレス解消を挙げる人が多く見られました。また「おいしいお菓子がありすぎ!!」と、食べることそのものの魅力や誘惑への言及も多く、抗えない力の大きさを窺わせます。

【酒】健康は気になるけど、ちょっとならいい&コミュニケーションに必要
 次に「酒」ですが、男女でやめる/やめられないの差は見られませんでした。
 やめる理由としては、「メタボ脱却のため」「肝機能・すい臓機能が心配だから。」など健康面の心配が多く、年代が上がると「年齢とともに無理が利かなくなってきたことを実感してるので」と、体がうけつけなくなってきた記述もありました。一方、やめられない理由は、「ビールなしには仕事のストレス発散ができない」「お酒大好き人間だから」など、間食と同様ストレス解消や飲酒の魅力が挙げられています。加えて、「完全に飲まないのは無理なので、週3日休肝日にしたい」と減らす意向の回答や、「飲酒量は減らしても飲むことは周りとの繋がりですから。」と、いわゆる「飲ミュニケーション」を指摘する声もありました。

【タバコ】いいことなしでやめたいけどどうしても……女性の方が切実感強?
 「タバコ」では、「やめる」は男女ほぼ同じですが、男性は「やめられない」、女性は「わからない」が多くなっています。
 やめる理由を見てみると、「身体に悪いし 財布にも悪いから・・・」と、やはり健康・金銭を理由に挙げる回答が多くみられます。また、「会社では喫煙が出来なくなった。」「絶対数が少なくなって肩身が狭いので。」と、喫煙環境の厳しさも窺わせます。そして女性では、「年末に結婚する(と思う)ので」「子供が欲しいから」と、結婚・妊娠を意識した言及が目立ちました。このような男性にはない切実な理由が、女性に「やめられない」ではなく「わからない」と答えさせているのではないでしょうか。
 一方、やめられない理由としては、「仕事で疲れてしまうと吸ってしまう」「唯一の楽しみだから。癖になっているから」とここでもストレス解消が最大の理由。さらに「値上げしても結局はやめられなかったし、この際死ぬまでやめないと思います(*^_^*)」と過去の禁煙失敗を振り返ってあきらめ気味の声も多く、間食や酒に比べてやめられない悩みは深そうです。


■やめる秘訣は「具体的なメリット」と「ストレスの元を断つ」
 「間食・大食」「酒」「タバコ」と飲食に関する3項目について見てきましたが、同じやめられない行為でも、酒には「ちょっとならいい」や「飲ミュニケーション」といったメリットもあってやめられない一方、タバコにはメリットがなくやめたい気持ちは強いのになかなかやめられない……といった違いが見られました。
 ただ、いずれもやめる理由は健康面や金銭面で具体的なメリット(着たい服が着られる、家計が助かる、等)があり、やめられない理由に共通していたのは「ストレス解消」でした。したがって、「やめた場合の具体的なメリットを挙げて励みにする」「ストレスの元を断つ」のがやめる秘訣、と言えるかもしれません。

≪調査概要≫
調査対象  :「buzzLife」会員登録者
調査地域  :全国
調査実施日 :2011年11月24日(木)~27日(日)
有効回答者数:13,434名


【株式会社イーライフ 会社概要】
商号    : 株式会社イーライフ
代表者   : 代表取締役 藤原 誠一郎
所在地   : 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-29-9 日本パーティビル2F
設立    : 1999年9月
主な事業内容: インタラクティブ・マーケティング戦略/
        インタラクティブ・マーケティング基盤構築/
        対顧客コミュニケーション/調査・分析
URL     : http://www.elife.co.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

表2:来年はやめられそうか

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング