社会福祉法人発の取り組み 6月23日(土)藤沢市民会館でミュージカル「Beautiful Life」を公演 従業員・利用者・家族から出演者を募り、配役

@Press / 2012年3月7日 15時0分

 神奈川県内で介護・保育事業を展開する社会福祉法人伸こう福祉会(法人所在地:横浜市栄区、理事長:足立 聖子、 http://www.shinkoufukushikai.com/ )は、従業員や利用者家族、園児等の一般人だけで配役するミュージカル「Beautiful Life」を2012年6月23日(土)に藤沢市民会館において公演することを本日発表します。監督には、劇団四季のアクターズを経て、米国の人気女性シンガーのバックダンサー育成などの経験を持つ、ダンス指導者のHANA氏を迎え、福祉施設を舞台に「介護の現場」をミュージカルで表現します。プロの俳優が出演しないミュージカル公演は、社会福祉法人としてはもちろん、民間企業でもほとんど前例のない取り組みです。


【伸こう福祉会とは】
 1976年に片山 ます江(現・伸こう福祉会専務理事)が神奈川県藤沢市において認可外保育園を開園し、1986年には鎌倉市に空き家となった独身寮を転用する形で老人ホームを開所しました。同施設の開所が、独身寮改装型福祉施設という、今では一般的なモデルの原点となったと言われています。1990年に伸こう会株式会社を設立後、2000年までに同様の方式により15施設を開所しました。1999年に社会福祉法人伸こう福祉会を設立し、現在までに31の介護施設、6の保育施設を運営しています。

 2000年に横浜市栄区に開所した特別養護老人ホームは、地域に開かれたレストランを併設し、介護・看護の専門職の他に、音楽、理美容、食の専門職も雇用する等、多様なサービスの提供に注力しています。2007年には、藤沢市に認可保育園を開園し、イタリアのレッジョ・エミリア・アプローチと呼ばれる教育法を取り入れています。


【ミュージカル公演企画に至る経緯】
 伸こう福祉会が、本ミュージカルの公演を企画するに至った背景について、専務理事・片山 ます江は次のように述べています。「私は学生の頃からミュージカルが好きで、よく舞台を見に行っていました。華やかなライトを浴びながら、歌を歌い、ダンスを踊る。フィナーレの際のキャストの輝かしい姿には何度も目を奪われました。介護の仕事はご利用者様との「死別」という悲しい別れがつきもので、そのショックに胸を痛め、介護の仕事を辞める方もいます。だからこそ当法人のスタッフには、亡くなったご利用者様に対しても“元気な姿を見せよう”との想いを表現できる場が必要だ、その表現の場としてミュージカルのあのキラキラとした経験をさせてあげたいと介護事業に携わった頃から幾度となく感じることがありました。このたび、HANA先生と出会ったことによって、その夢を現実にする設計図が描けました」

@Press

トピックスRSS

ランキング