復興元年、大津波の最高到達地点にさくら並木を造成する「さくら並木プロジェクト」スタート

@Press / 2012年3月7日 15時30分

さくら並木ネットワークは、2011年3月11日に発生した東日本大震災の被災地支援のため、復興元年となる2012年3月11日に、桜並木を東北沿岸部に造成する「さくら並木プロジェクト」を開始いたします。


■「さくら並木プロジェクト」とは
<ビジョン>
2011年に発生した東日本大震災の影響による大津波の最高到達地点に、桜の植樹を通じて、100年先の未来まで、大津波の惨事を風化することなく伝承し、咲き誇る桜が、失った尊いいのちへの鎮魂とともに、将来再びかならず起こる大津波のときに、住民たちの避難の目安となることで、ひとりでも多くのいのちを守ること、また、この植樹事業によって、被災地の造園業の方々などの経済復興支援を行うことを目的とします。

<桜並木の植樹の目的>
○大津波の記憶・伝承
100年先まで2011年の大津波の被害を伝えるとともに、毎年咲く桜が、記憶を風化させずに伝承する。

○慰霊
多くの失われた尊い大切ないのちを、毎年咲き誇る桜の花に重ねて、慰霊の気持ちを継承する。自然とともに生きる、自然と人のつながりを深く感じる。

○景観づくり
大津波で流された、桜の景観を復活させて、花が咲き誇るまちづくり。高台移転にともなう新しいまちにも、桜の景勝地や桜並木をつくる。

○絆づくり
東北の地と全国、世界のサポーターの皆さんを結ぶ絆づくり。

○未来づくり
防災・景観・観光などの視点で、新たな事業創造、雇用創出につなげていく。

<桜の品種選定、メンテナンスの専門集団>
桜の専門知識については、全国に桜の名所づくりや花や緑の研究を行う公益社団法人日本花の会をはじめ、桜の専門家を交えて、植樹する桜の品種の選定やメンテナンスについて検討し、専門的に情報発信、支援を行います。

<東北地方の造園組合の事業づくりに寄与>
植栽等を担当する地元の造園、植木会社と連携して、地元自治会との調整しながら、植栽場所の選定、植樹、管理など、協力体制を作りながら進めています。造園、植木会社の事業創造、雇用創出につなげます。
【連携組織】
・社団法人日本造園組合連合会 岩手県支部
・社団法人日本造園組合連合会 宮城県支部

<地元で活動しているNPO、地元事業者との連携>
東北地方で活動するNPOと情報連携をしています。
【連携組織】
・遠野まごころネット(岩手県沿岸部の被災者の方々を支援するべく、遠野市民を中心として結成されたボランティア集団)
・花と緑の力で3.11プロジェクト みやぎ委員会
・公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会(情報協力)
・赤浜の復興を考える会
・前浜地域振興会
・大船渡ロータリークラブ  他

@Press

トピックスRSS

ランキング