ラーメン×蕎麦 新感覚「麺」誕生!らーめん山頭火、『幌加内そばらーめん』提供開始

@Press / 2012年3月7日 15時30分

おろしそばらーめん
「らーめん山頭火」を始めラーメンブランドをフランチャイズ展開する株式会社アブ・アウト(所在地:北海道札幌市、代表取締役会長:畠中 仁)では、日本一の蕎麦生産量を誇る北海道雨竜郡幌加内町産のそば粉と、北海道産小麦を使用し、そばの香りと歯ごたえのある食感を両立させた『幌加内(ほろかない)そばらーめん』を開発。まずは、2012年3月から「あさめし前田本舗」、「らーめん山頭火」3店舗にて提供いたします。

<取り扱い店舗>
「あさめし前田本舗」(北海道旭川)
「らーめん山頭火」
 ・旭川本店(北海道旭川)
 ・仙台南吉成店(宮城県青葉区)
 ・大阪西新地店(大阪市北区)
  ※ 順次、取り扱い店舗を増やす予定です。


【開発の背景】
■日本一の蕎麦生産地の思い×被災者の声
~ラーメン屋でも扱える「蕎麦」感覚のラーメンを~

『幌加内そばらーめん』は、幌加内町役場の方々の「日本一の蕎麦の生産地から、このそば粉を使った商品を開発したい」という思いと、当社会長 畠中が東日本大震災後に東北各地へ炊き出しに行った際に聞いた、多くの高齢者の「おそばが食べたい」という声に応えるべく、ラーメン屋でも扱える「蕎麦」感覚の麺を提供するため開発を開始いたしました。

開発には株式会社日清製粉や、地元の製麺会社である藤原製麺も携わり、試行錯誤を続けた結果、スープやつけ汁によって蕎麦とラーメンそれぞれの特徴が現れる画期的な麺が誕生しました。その後、北海道・幌加内町や上川支庁での試食会でも好評を得、商品実現化へ確かな手応えをつかみました。

■提供店舗を限定
提供開始にあたり、「蕎麦日本一の幌加内ブランド」を汚さずに、料理人の立場で町おこしをしたいという考えから、最初は畠中自らその作り方を指導した店舗でのみ「そばらーめん」を提供いたします。


【麺の特徴】
北海道雨竜郡幌加内町産のそば粉と北海道産小麦粉を配合させ、かん水を加えることにより、蕎麦の香りと歯ごたえのある食感を両立させています。
また、食べ方によって、麺の印象が異なります。冷たい麺を冷たいタレで食べる食べ方では小麦の甘味も感じられ、後から来る蕎麦の香りにより「蕎麦感覚」でお召し上がりいただけます。温かいスープに浸す食べ方(ラーメンタイプ)では、風味は蕎麦なのにラーメンのスープによく合い、熱くても麺の伸びが遅いという特徴を持っています。


【らーめん山頭火『幌加内そばらーめん』メニュー】
「冷たいおろしそばらーめん」(税込 750円) ※各店1日20食限定
たっぷりと盛りつけた大根おろしと出し汁で頂く冷たいそばらーめんです。季節を問わず爽やかにお召し上がりいただけます。
http://www.atpress.ne.jp/releases/25948/A_1.JPG

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング