サイバーステーション、デジタルサイネージシステム 新型、セット・トップ・ボックス(STB)を4月2日より販売開始

@Press / 2012年3月27日 11時0分

デジサインSTB3 本体
デジタルサイネージシステムメーカのサイバーステーション株式会社(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:福永 泰男、以下 当社)は、2009年3月より販売しているクラウド型デジタルサイネージシステム(商品名:デジサイン、以下:デジサイン)の周辺機器で動画配信端末として利用する、セット・トップ・ボックス(以下、STB)のエントリーモデル後継品として、新型を4月2日(月)より販売開始いたしますのでお知らせいたします。商品名は「デジサインSTB3」、希望小売価格は80,000円(税別)となり、さらに、デジサインサービス利用料もお求めやすい価格に改訂いたします。

詳細: http://digisign.jp


【背景と概要】
当社は、多様化するデジタルサイネージ市場において、お客様のニーズにお応えするために、ハードウェアだけではなく、OS・ミドルウェア・システムサービスまでを一貫して自社で開発・提供しております。その結果、お客様のご予算や規模、目的にあわせた幅広いご提案をさせていただいており、現在2,000台の受注実績がございます。

今回販売を開始いたします「デジサインSTB3」は、今まで外付けでご利用いただいていたストレージ(ハードディスク)をSTB本体にSDカードとして内蔵いたしました。これによりまして、外付けストレージを別途お買い求め頂く必要がなく、初期費用の軽減、さらに、省電力、併せてシンプル構成で、設定も簡単になり、管理者の負担を軽減できます。今まで以上に「安く、永く、効く」デジタルサイネージとしてご利用いただけるものになりました。さらに、この度「デジサインSTB3」をご利用頂く場合のサービス利用料もお安く設定し、導入、維持の費用負担を軽減するサービスモデルへと進化いたしました。

デジサインは、これからもお客様の声を反映したシステムづくりを目指して機能強化を行って参ります。
なお、これに伴い「デジサインSTB2」の販売は終了となります。


【デジサインとは】
小規模から大規模までサポート可能なクラウド型デジタルサイネージシステム。初期導入時に必要になるハードウェアとして、動画配信端末用のSTBをご用意いただければ、安価にデジタルサイネージをご導入いただくことができます。(別途インターネット環境とモニターは、ご用意頂く必要がございます。)

さらに進化した「デジサイン」はOSの環境を超え、様々な端末に対応。2010年9月より日本サムスン株式会社と連携した「ハルヱとケイジdeデジサイン」を発売、2011年10月からはタブレット端末に対応した「デジサインTabシリーズ」も追加され、様々なシーンに合わせてサイズや形態の異なるデバイスに対応可能となりました。

@Press

トピックスRSS

ランキング