Studio Ousia、スマートフォンのブラウジングを効率化する技術Phroniをリリース

@Press / 2012年3月9日 13時0分

 株式会社Studio Ousia(本社:神奈川県藤沢市、代表取締役:渡邉 安弘、山田 育矢)は、スマートフォンやタブレット等のタッチスクリーン端末におけるブラウジングを効率化する技術「Phroni(フローニ)」をリリースいたしました。
 Phroniは、慶應義塾大学SFCでの研究成果をもとに開発された高精度な人工知能を用いて、ユーザが「興味を持ちそうなキーワード」を自動的に抽出し、リンクに変換することで、キーワードをタップするだけでキーワードの関連情報を取得することを可能にする技術です。


 本リリースは、3月1日にシンガポールにて開催された世界最大規模のローンチイベント「DEMO」のアジア版である「DEMO Asia 2012」にて行われました。また、Phroniは、国際会議「Extended Semantic Web Conference 2010」でアワードを受賞しているほか、シリコンバレーで行われた「Plug and Play Winter EXPO」やシンガポールにて行われた「Startup Asia」等の国際的なイベントでファイナリストに採択され、デモンストレーションを実施しております。
 現在、Phroniは、iOS及びAndroidに対応しており、Android版Firefoxの拡張機能として、Webブラウザに組み込んで利用することが可能です。また、Phroniは、米国と日本において特許を申請中です。
※ Phroni Webサイト: http://phroni.com
※ デモムービー  : http://vimeo.com/37465829


■Phroniについて
 従来、スマートフォンやタブレットなどのタッチスクリーン端末で、ブラウジング中にテキスト中のキーワードを検索したいと思った際には、キーワードのホールド・スワイプによる選択、コピー&ペースト、検索などの非常に煩雑な操作が必要でした。Phroniは、独自の人工知能を用いて、ユーザが「興味を持ちそうなキーワード」をリンクに変換することで、このブラウジング中に繰り返される操作を1ステップで行えるようにするテクノロジです。

 特徴1.キーワードのリンク化:人工知能を用いてテキストを解析し、ユーザが興味を持ちそうなキーワードを抽出、自動的にリンクに変換します。

 特徴2.動的なコンテンツ集約:キーワードをタップすると、WikipediaやGoogle、Twitter、News、画像、動画などの関連コンテンツを一画面に集約して表示します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング