「Fan+(ファンプラス)」に新ショップオープン 「世界の名画 ~絵画に込められた画家の想い~」が登場! 第1弾コンテンツは ルノワール「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」 ゴヤ「裸のマハ」 ダ・ヴィンチ「岩窟の聖母」の3商品を同時配信!

@Press / 2012年3月9日 13時30分

世界の名画 ~絵画に込められた画家の想い~
NTTプライム・スクウェア株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:中山 俊樹)が運営する「Fan+(ファンプラス)」において、エヌ・ティ・ティ ラーニングシステムズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:古賀 哲夫)が、2012年3月9日(金)正午、日本を代表する美術コンテンツ・プロデューサー・藤ひさし氏が監修する完全オリジナルのデジタル美術書を配信していく新ショップ「世界の名画 ~絵画に込められた画家の想い~」をオープンいたします。

第1弾コンテンツは、ゴヤ「裸のマハ」、ルノワール「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」、ダ・ヴィンチ「岩窟の聖母」の3商品を同時配信いたします。


<「世界の名画 ~絵画に込められた画家の想い~」とは>
本コンテンツは、世界各地の美術館に所蔵されている「名画」を、1コンテンツにつき1点ずつ紹介し、100点以上販売していきます。(隔週で2~3コンテンツのペースで販売。)
『世界の名画』(BS朝日)などで知られる美術コンテンツ・プロデューサー・藤ひさし氏の監修により、絵画全体だけでなく、見所を高解像度の画像でクローズアップして、絵に込められた作者の想い、絵にまつわる逸話、時代背景まで含めて、幅広い美術ファンに向けて分かりやすく解説していきます。
また、見たいポイントを拡大してお楽しみいただけますので、絵画に精通した方だけでなく、中高生の方が美術参考資料として活用することもできます。
「名画」がそう呼ばれる理由を感じ取ってみてください。

【藤ひさし氏プロフィール】
映像作家、美術コンテンツ・プロデューサー。一般社団法人日本美術アカデミー理事。
1940年、東京西麻布生まれ。中央大学フランス文学科を卒業後、会社員を経て映像制作会社を設立。ルーブル、プラド、エルミタージュ等、海外の有名美術館と直接交渉し、主要な所蔵作品をハイビジョン映像にて撮影。『世界の美術館』(ビデオ全18巻。後にレーザーディスク、DVD版も)として1991年に発売。世界の名だたる美術館の絵画作品を居ながらにして鑑賞できる、画期的な教養コンテンツとして全国の美術愛好家に好評を博す。以後、DVDやテレビ番組など美術関連の映像制作物の脚本・プロデュース、美術関連書籍の執筆など幅広く活躍中。
<テレビ番組>
『世界の名画』(美術プロデューサー)BS朝日、2010年
『画家×画家 GAKA SQUARE』(美術プロデューサー)BS日テレ、2008年
<著書>
『ロートレックとミュシャ ~世紀末パリのダンディズム~』(監修:高草 茂)ランダムハウス講談社、2008年
『フェルメールからの手紙 ~海賊たちのいるデルフトの風景~』(監修:高草 茂)ランダムハウス講談社、2007年
『不思議がいっぱい レオナルド・ダ・ヴィンチのひみつ』(監修:高草 茂)ランダムハウス講談社、2007年

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング