愛媛大学医学部附属病院の病院情報システムに情報漏洩対策ソフト「セキュアプライム DC」を導入

@Press / 2012年3月12日 10時0分

ソフトウェア製品の開発と販売、およびシステムエンジニアリングを行う株式会社ティエスエスリンク(代表取締役社長:北村 佳子、徳島県徳島市)の情報漏洩対策ソフト「セキュアプライム DC」が、2012年2月より愛媛大学医学部附属病院(以下、愛媛大学病院)の病院情報システムに導入されました。

【「セキュアプライム DC」紹介ページ】
http://spr.tsslk.jp/products/secureprime-dc/


【導入の背景】
医療現場では、病院情報システムに蓄積された診療情報などを二次利用するため、USBメモリーなど外部記憶媒体を使ってデータを取り出さざるを得ないケースがあり、万一に備え外部記憶媒体の紛失/盗難による情報漏洩リスク対策が非常に重要になっています。

愛媛大学病院では、従来、全国的に続発していたUSB感染型ウィルスによるシステム障害リスクを懸念して、院内端末ではUSBメモリーの使用を禁止にしていました。しかし、システム的にUSBメモリーの使用を禁止した措置ではなく利用者のモラルに任せていたこともあり、研究や他院とのデータやり取りの必要があったため、USBメモリーの利用を完全に禁止することは困難でした。
これを解決するために、USBメモリーの紛失/盗難/不正利用などでの情報漏洩を回避でき、さらにUSBメモリーによるデータ利用の利便性を担保できるセキュリティ対策システムを模索していました。


【導入の決め手】
一番大きな要望としては、院内関係者が院内端末で加工したデータなどを容易に二次利用しながらも、万が一USBメモリーの紛失・盗難が起こっても第三者によって容易に不正利用されないことが求められていました。
また、利用者のことを考えると、院内関係者にできるだけ負担にならずに使えること、Mac端末でも使えることが必要でした。そのうえ、万が一の際にはファイルトレースができること、運用/管理コストが安価であることも条件となりました。

これらの要望に対して、「セキュアプライム DC」は、医療データを効率的に利用させながら、高い安全性で保護できる製品に高い評価を受け、今回の導入となりました。


具体的な評価ポイントは以下の点でした。
<安全性/利便性>
・USBメモリーにファイルをコピー/移動した時点で自動的に暗号化され、利用者の負担なく、安全性と利便性が両立できる。
・USBメモリーから院外端末にファイルをコピーした後も暗号化が保持され、第三者による不正利用を防止できる。
・ファイルに修正を加えても、上書き保存すると自動的に暗号化が保持されるので、利用者が都度暗号化する手間も、暗号化し忘れる抜けもない。

@Press

トピックスRSS

ランキング