猫ひろし、バイク買取り“八尾カワサキ”の広報部長就任!八尾カワサキとのタイアップで、マラソン大会へのバイク提供を開始

@Press / 2012年3月9日 14時30分

社員総会参加風景
 カンボジアでのタレントの育成及びマネジメント事業等を展開する株式会社カンボジア・ドリーム(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:渡邊 裕子、URL: http://phnompenhmarathon.com/ )は、現在タレント猫ひろしのカンボジアでの活動を支援しています。

 そしてこの度、バイク買取り事業を行う株式会社八尾カワサキ(大阪府東大阪市、以下 八尾カワサキ)とのタイアップにより、猫ひろしが広報部長兼執行役員に就任し、本日3月9日、社員総会にて挨拶を行いましたので発表いたします。

【猫ひろし 起用背景】

 八尾カワサキは、関西地区にて中古バイク買取りを中心に事業展開しており、中古バイクのリサイクルを社会貢献の一環として進めています。この度の広報部長兼執行役員に猫ひろしを任命した背景には、アスリートとしての活動も目覚ましく、「志高く、バイクライフを通じて、社会に夢を与える」という八尾カワサキの企業理念を体現する人物像であるとの想いがあります。

 また、今回の猫ひろし就任を契機に、八尾カワサキの企業理念に沿った社会貢献活動をより具体的に応える形を目指してまいります。

【猫ひろしと八尾カワサキのタイアップについて】

 猫ひろしは、日本全国のマラソン大会へ参加しており、中でも大会当日はスタッフのバイク利用、試合中でも多くのバイクが必要とされております。
 また昨今、日本全国の各地方でのマラソン大会がブームとなっておりますが、限られた予算の中での開催が多く、様々な形のサポートが必要とされております。
 このような経緯から、国内のマラソン大会より要請があれば、バイクの提供を行いたいとの八尾カワサキの意向があり、バイクを通じての社会貢献活動になるのではないかということから、猫ひろしと八尾カワサキとのタイアップにより、実現に向け尽力しています。

【猫ひろし これまでの足跡】

 猫ひろしは、昨年2011年11月16日、東南アジア・インドネシアにて行われた「東南アジア競技大会(英語名:South East Asian Games、英語略称:SEA Games:シーゲーム)」種目・マラソンにて“カンボジア代表として”出場し2時間37分39秒の5位でゴール。
 それからカンボジアへ戻り、滞在期間3か月以上となりながらも、毎日約30km(月間1,000km)を走り込み、カンボジアオリンピック選考へ挑戦を続けました。
 そして、今年2月5日に行われた「別府大分毎日マラソン」にてカンボジア国旗のユニフォーム姿で参加し、目標の2時間31分台をクリア、2時間30分26秒という自己ベストを記録しました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング