1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

インフォコム、医師向けSNS展開のDocquity社と業務提携

@Press / 2021年5月25日 10時30分



インフォコム株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:竹原 教博) は、東南アジア向けに医師向けSNSプラットフォームサービス「Docquity(ドクイティ)」を展開するDocquity Holdings Pte. Ltd.(本社:シンガポール、CEO: Indranil Roychowdhury、以下Docquity社)と業務提携しましたのでお知らせします。


背景


Docquity社は、インドネシア、フィリピンなどの東南アジア6カ国で、医師が症例などの臨床経験の共有や、意⾒交換を行うことができるSNSプラットフォーム「Docquity」を提供しています。展開する6カ国の医師の約半数が同サービスを利用しており、高い市場シェアを誇っています。
また、当社は2020年度から3カ年の中期経営計画で東南アジアを主として有望なスタートアップへの戦略投資や当社ITサービスの展開を行う「アジアヘルスケア・プロジェクト」を推進しています。その中で、3月には国内1000施設以上の医療機関で利用されている当社の薬剤情報システムの海外向け製品を新たに開発し、東南アジアで提供開始しました。
※参考:2021年3月15日付プレスリリースhttps://www.infocom.co.jp/ja/news/news2021031501.html


概要


今後、インフォコムが開発した東南アジア向けの薬剤情報システムとDocquityを連携させ、Docquityユーザーの医師が薬剤情報システムを同サービス内で利用できるようにします。
今回の業務提携により、インフォコムは東南アジア新興国での薬剤情報システムの販売拡大ならびにデータベースの品質向上、Docquity社はサービスの機能強化と新規ユーザーの獲得につなげます。


■Docquity社(Docquity Holdings Pte. Ltd.)について
代表者:Indranil Roychowdhury(CEO)
設立: 2017年2⽉
本社所在地:シンガポール
事業拠点:インドネシア、フィリピン、タイ、マレーシア、ベトナム、ミャンマー
従業員数:約160人


画像 : https://newscast.jp/attachments/L1o3HmOXj2EC5EPOwKrx.png


今後の展開


東南アジア向けの薬剤情報システムについて、フィリピンをはじめとした東南アジア地域の医療機関での展開と並行して、DocquityのようなSNSプラットフォームとの連携により医師個人にも利用してもらうことで、同システムの販売先の開拓、品質の向上につなげます。
また、当社が国内向けに展開するその他のヘルスケア領域のサービスとの事業連携も検討してまいります。


(参考)Docquityサービスイメージ


画像 : https://newscast.jp/attachments/Yf8Pyu7xTz7LEWroemPv.png


画像 : https://newscast.jp/attachments/9SQMet8z1Pk9r4LBjPud.png


インフォコムグループについて


インフォコムグループは、医療機関や一般企業向けに情報システムを提供するITサービス事業と、一般消費者向けに電子コミック配信サービス「めちゃコミック」を提供するネットビジネス事業を展開しています。 
[インフォコム株式会社] 代表取締役社長 竹原 教博、1983年設立、東証一部
連結売上高680億円、連結従業員数1,196名(2021年3月期)
https://www.infocom.co.jp/




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング