エンピレックス、VoLTEサービス保証ソリューションを発表

@Press / 2012年3月16日 11時0分

モバイルサービスに対する顧客からの要望が高まるにつれ、LTEの急速な導入が進む中、Empirix Inc.(本社:米国マサチューセッツ州、CEO:ジョン・ディアナ、以下 エンピレックス社)は、エンドツーエンドのVoice over LTE(VoLTE)上の音声監視を対象とするEmpirix E-XMSサービス保証ソリューションを発表しました。
Empirix E-XMSを使用することで、通信事業者は次世代LTEサービスの品質を保証することができ、且つモバイル、3G、有線環境間での通信の切り替えにおける体感品質の完全な可視化を可能にします。また、ネットワーク全体の状況を表示することで、問題を事前に察知し、顧客へ影響が及ぶ以前に問題解決することが可能になります。


LTEの導入を成功させるためには、通信事業者は戦略的にサービスのギャップを管理し、顧客がLTEから3Gへサービス提供ゾーンの移動をする際に、サービス品質の低下を経験させないようにすることが必要です。通話の切断といったフラストレーションを顧客に感じさせないことが音声サービスにとっては特に重要になります。従来のIP通信とは違い、VoLTEには通信事業者を対象にした複数の導入オプションがあります。通信事業者の多くは、複数の音声サービスをVoIP/IMSコアへ移行させることによる、コスト削減を見込んでいます。LTEの条件が変更されると、このような顧客はネットワークの通話中の他の部分へ転送されます。また音声サービスのリクエストがあがった直後に、通話を直接回線交換ネットワークへ送信するオプションを利用している通信事業者もいます。


■Quocirca社 プリンシパル・アナリスト ロブ・バムフォース氏の話
「LTEネットワークは元来データ通信量の増加に対応するためのソリューションでしたが、LTE装置の増加、またこれに伴うネットワーク上での音声サービスへの要望に伴い、通信事業者は標準化されたアプローチの必要性を感じてきました。特にエンドユーザーに影響が及ぶ以前に問題を突き止め解決するという課題をはじめ、モバイル通信事業者には解決を要する課題が幾つかありますが、VoLTEはその運用方法にかかわらず、同時に音声とデータを送るといった、より良い通話品質とより柔軟性の高いサービスを約束します。よって従来にはないネットワークのより詳しい可視性が必要となってきます。」

@Press

トピックスRSS

ランキング