IEEE、スマートグリッド向け5つの新しい標準化と標準開発プロジェクト発表 ~ スマートグリッドの新たな課題に対応、標準化の提供を継続 ~

@Press / 2012年3月14日 15時0分

IEEE(アイ・トリプル・イー)は、5つの新しい標準化と1つの標準開発プロジェクトを発表しました。
これらは、世界全体でのスマートグリッドの効率的な展開を目的としています。
IEEE-SA(アイ・トリプル・イー・スタンダーズ・アソシエーション)のStandards Boardによって最近承認された、新たな標準および標準プロジェクトは、スマートグリッドに関連する100以上の現行標準または開発中の標準のIEEEポートフォリオに新たな一面を加えるものとなります。

IEEE-SAマネージング・ディレクターのジュディス・ゴールマン(Judith Gorman)は、次のように述べています。「IEEE-SAのStandards Boardによって承認された新標準は、世界中で展開しているスマートグリッド普及の副産物といえるでしょう。スマートグリッドの展開が世界中でトレンドとなっている現在、課題に対し、新たな経験やベストプラクティス、洞察が浮き彫りになってきています。IEEE-SAは、このトレンドが始まる前からスマートグリッド関連の標準化開発で世界をリードしてきました。IEEE-SAの標準化とプロジェクトは、電力消費者、電力会社、製造業者を等しく対象とした、スマートグリッドの広範囲で革新的なスマートグリッドをいち早く実現するために、引き続きより深く関わっていきたいと考えています。」


IEEE-SAから新たに発表されたスマートグリッド関連の標準化は、以下の通りです。

●IEEE C37.118.1(TM)-2011 ― 電力系統の同期フェーザ測定標準 ― 同期されたフェーザと変電所での測定頻度と電力系統の分析と運用における静的および動的状況での測定の検証に関する手法と要件を定義。IEEE C37.118.1はIEEE Standards Storeで購入できます。

●IEEE C37.118.2(TM)-2011 ― 電力系統の同期フェーザデータ転送標準 ― フェーザ測定ユニット(PMU)、フェーザ・データ・コンセントレータ(PDC)、その他電力系統アプリケーション間のリアルタイム通信のための手法(メッセージングタイプ、使用、コンテンツ、データ・フォーマットを含む)を指定。IEEE C37.118.2はIEEE Standards Storeで購入できます。

●IEEE C37.238(TM)-2011 ― IEEE標準1588電力系統アプリケーションにおける時刻精度プロトコルの使用に関する標準プロファイル ― 変電所内および地理的に広範な領域の変電所間において、Ethernet通信ネットワークを利用して時刻を正確に同期できるように設計されています。この標準は、ミッションクリティカルな電力系統の保護、制御、自動化、データ通信などのアプリケーションに正確な時刻を配信するための定評ある技術の拡張を目的としています。IEEE C37.238はIEEE Standards Storeで購入できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング