世界初、“腰痛”の解消を科学的に立証した研究論文発表 「筋緩消法」で痛みの原因“筋肉の緊張状態”を緩和

@Press / 2012年5月8日 11時0分

図1 施術風景
 社団法人日本健康機構(所在地:東京都港区、理事長:坂戸 孝志)は、当機構の理事長:坂戸 孝志が開発した、腰痛や肩こりなどの痛みを解消する「筋緩消法(キンカンショウホウ)」の“科学的”な立証に成功し、この度、日本統合医療学会において、論文「筋緩消法が腰背部筋緊張および腰痛に及ぼす影響」を発表いたしましたので、ここにお知らせいたします。

 なお、腰痛の解消を科学的に立証した研究は世界で初めてとなります。

▼論文URL: http://www.jho.or.jp/201203.pdf
 ※本立証試験の対象や方法、測定項目、検証データなど、詳細な内容は上記URLよりご覧ください。

【本試験・論文の意義】
■“科学的な立証”=“万人”に適用可能で、かつ腰痛緩和が期待できる

 一般的に、腰痛の悩みを抱える多くの方は、“骨格”のゆがみを圧迫や牽引により矯正し痛みを和らげようと、接骨院などで施術を受けています。

 一方、「筋緩消法」は、“筋肉”の過度な緊張状態を軽減することにより、痛みを解消する方法です。本施術法は、“筋肉内”の老廃物が正常に排出されないために腰痛が生じるという考えにたっています。つまり、腰部の筋肉が過度に緊張することによって筋肉内の血管が圧迫され、老廃物の排出が妨げられ、それが筋肉の更なる緊張を生み出し“痛み”につながっていると考えるものです。これは、“骨格”のゆがみを矯正する方法とは全く異なる施術法です。

 この度の論文は、この「筋緩消法」を科学的に立証したものとなっており、“科学的”つまり、万人において適用可能で、かつ効果が期待できる施術法であることを証明しています。

【「筋緩消法」について】
■被施術者を立たせ、かつ運動をさせながら筋肉に“圧力”をかける施術法

 施術者は、被施術者を立位(立ったまま)にて施術を行います。本試験ではまず、施術者の右拇指(おやゆび)を被施術者右側背部に、右示指(人差し指)から第5指(小指)を腹側の施術箇所に当て、被施術者に側屈運動をさせます。
※図1参照: http://www.atpress.ne.jp/releases/26117/1_1.jpg

 続けてこの方法で、背側筋群や腹側筋群を緊張状態(収縮状態)にしたり、弛緩状態にしたりしながら、腰背部の筋肉の狭い範囲に圧力をかけることで、腰部筋肉の過緊張を軽減します。

■10分で施術完了。筋肉の硬さ(筋硬度)が測定点すべてで低下

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング