エンジニア・クリエイターのクラウドソーシングサービスを提供する株式会社クラウドワークス、岐阜県との提携により地域のエンジニア・クリエイターの雇用を創出する取り組みを開始

@Press / 2012年3月22日 14時30分

株式会社クラウドワークス(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田 浩一郎 以下「当社」)は、岐阜県と提携し、エンジニア・クリエイターのためのクラウドソーシングサービス、「クラウドワークス」( http://crowdworks.jp )を活用することで、地域のエンジニア・クリエイターの雇用を創出する取り組みを開始したことを下記の通りお知らせいたします。


1.提携の趣旨及び目的
岐阜県では、ソフトピアジャパン(大垣市)・テクノプラザ(各務原市)の2大IT研究開発拠点を核として、岐阜県にITを中心とした新産業を創造するための各種事業を推進しています。また、岐阜県には先端的技術と芸術的創造との融合による新しい文化を発信する教育機関としてIAMAS(情報科学芸術大学院大学)があり、スマートフォン開発人材の育成、地域IT企業の新規事業の参入促進などスマートフォンアプリ開発の拠点としてMobilecoreが設立されるなど、エンジニア・クリエイターの育成・輩出に県をあげて取り組んでおります。
近年、スマートフォンの普及拡大やソーシャルゲームの市場が急成長していることに伴い、特に首都圏ではエンジニア・クリエイターの需要が急速に拡大しております。その一方で、首都圏以外の各都市では首都圏に比べて仕事が少ない状況が続いており、岐阜県としても育成・輩出した人材の仕事がまだまだ不足しているという課題を抱えております。
当社は「21世紀の新しいワークスタイルを提供する」をミッションに、エンジニア・クリエイターが場所や時間にとらわれずに仕事ができる非対面の仕事プラットフォーム「クラウドワークス」を展開しております。今回の提携で、「クラウドワークス」を利用することにより、首都圏にある仕事を岐阜県の優秀なエンジニア・クリエイターが岐阜県にいながらにして受けることが可能になると考えており、地域のエンジニア・クリエイターの雇用創出を実現できるものと考えております。


2.サービスの概要
「クラウドワークス」はいわゆるクラウドソーシングとよばれるサービスで、エンジニアやクリエイターが非対面のままで、仕事のマッチング・業務遂行・報酬支払いまでを一括で可能にするプラットフォームです。発注者と受注者は「クラウドワークス」上で仕事のマッチングを行い、相互に業務委託契約を締結します。受注者は契約締結後、当社の提供する業務管理システムを利用して仕事を行い、業務終了後にスムーズに支払いが行われるようになっております。
サービスは契約締結までは無料でご利用頂くことができます。その後、実際に仕事を行い受注者が獲得する報酬の額に応じてシステム利用料を頂いております。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング