80mm×54mmのリナックスボード『μPZ-1』発表 ~ Androidも動作可能な小型組込みボード ~

@Press / 2012年3月27日 11時30分

『μPZ-1』表
株式会社ピルクス(本社:東京都板橋区、代表取締役:岡田 昇一、以下 ピルクス)は、小型組込みボード『μPZ-1(マイクロピーゼットワン)』を発表、3月27日より予約を開始いたします。

『μPZ-1』は、名刺サイズ以下の小型設計と広範囲な用途に適用可能なパフォーマンスを両立した高性能ボードです。ARM Cortex-A8コアベースのTI社AM3894を採用、グラフィックアクセラレータSGX530も搭載し多様なニーズに対応する豊富な機能を80mm×54mmの小型ボード上で実現しました。さらに、約600ピンの豊富な拡張コネクタを利用することで、PCIe、Ethernet、SATA等の様々なインターフェースを使用することが可能です。


■製品仕様
・型番
 PZ-1000
・CPU
 TI社 AM3894(ARM Cortex-A8)
・動作クロック
 1.2GHz
・メモリ
 DDR2-SDRAM 256MByte
・フラッシュメモリ
 512MByte
・グラフィックアクセラレータ
 SGX530
・周辺機能
 UART×3、SPI、I2C×2、PCIe(2.0)×2lanes、SATA(3Gbps)×2、SD/SDIO、
 USB2.0×2、Ethernet 10/100/1G(GMII、MII)×2、McASP、GPIO、DVI、JTAG、
 その他
・拡張コネクタ
 合計596ピン(電源含む)
・サイズ
 80mm×54mm(突起物含まず)
・電源電圧
 DC5V
・対応OS
 Android、Linux


■製品構成
μPZ-1(PZ-1000)
マニュアル
SDカード(マニュアル等収納)


■価格
オープン価格


■想定活用シーン
・ロボットへの搭載
・キオスク端末
・遠隔監視や制御
・ホームサーバー
・M2M多目的端末


■製品写真
『μPZ-1』表
http://www.atpress.ne.jp/releases/26273/1_1.jpg

『μPZ-1』裏
http://www.atpress.ne.jp/releases/26273/2_2.jpg


■株式会社ピルクスについて
株式会社ピルクスは、2005年7月に設立されたロボット開発メーカーです。ロボット開発に必要な組込み小型ボード、サーボモーター、各種センサーや二足歩行ロボットの企画、開発、製造、販売を行っております。
URL: http://www.pirkus.co.jp/


※報道資料に記載されている情報は発表日現在のものです。
 そのため、内容が予告なしに変更される可能性があります。あらかじめご了承下さい。
※記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

『μPZ-1』裏

@Press

トピックスRSS

ランキング