ソフトウェア資産管理(SAM)簡易診断・ライセンス過不足を把握 エムオーテックスがSAM診断サービスを開始 ~ 2012年5月31日まで無償キャンペーン実施 ~

@Press / 2012年3月26日 15時0分

エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役:高橋 慎介、以下 MOTEX)は、2012年3月26日(月)よりSAM診断サービスを開始します。

SAM診断サービスは、2つのサービスを提供します。SAMの構築レベルをチェックできる「SAM診断レポートサービス」とマイクロソフト製品の「ライセンス過不足チェックサービス」です。この度、サービス開始を受け2012年5月31日までにお申込いただいたお客様を対象に、「SAM診断レポートサービス」、「ライセンス過不足チェックサービス」を無償提供いたします。

仮想化環境やクラウドサービスの浸透によりソフトウェアの利用環境も多様化しています。MOTEXが開発・販売する「LanScope Cat」は7年連続市場トップシェア(※1)を誇る資産管理ツールで、SAM構築に必要となるライセンスの購入検討から廃棄・再振分までソフトウェアのライフサイクル管理が行えます。また、MOTEXでは、日本マイクロソフト社より「Gold Software Asset Management コンピテンシー」認定をうけ、より多くのお客様の課題を解決できるよう、SAMに特化したセミナーを開催してきました。今後も市場をけん引するトップベンダーとして、マイクロソフト社との連携をさらに深め、ニーズにお応えする機能強化や現場のニーズに即したコンサルティングサービス等、お客様のIT資産の適正な管理に貢献していく所存です。


■SAM診断サービスWebサイト
SAMの簡易診断・ライセンス過不足を把握できる「SAM診断サービス」のお申込を受け付けています。
>> http://www.motex.co.jp/product/sam_consul.html


■SAM診断サービスの特長
1.SAM診断レポートサービス
SAMの構築レベルを診断することにより、改善点を把握できるサービスです。
SAMの専門知識をもつ担当者が全5分野10項目について診断し、ISO 19770-1をベースとした4段階評価でお客様専用のSAM簡易診断レポートを作成します。

2.ライセンス過不足チェックサービス
マイクロソフト製品のライセンス過不足を把握できるサービスです。
お客様よりいただいたハードウェア・ソフトウェア・ライセンスの情報をもとに、過不足判定レポートを作成します。
※ソフトウェア・ハードウェアの情報収集に「LanScope Cat」を無償で貸出いたします。


■サービス対象者
LanScope Cat導入ユーザー/LanScope Catの導入を検討されている方


■サービス利用条件
マイクロソフト製品の以下いずれかのボリュームライセンスを契約している企業
「Enterprise Agreement(EA)」、「Select License/Plus」
※その他のライセンス契約形態もご相談ください。

※過去に日本マイクロソフト社よりSAMサービスを受けたことがある場合は、本サービスを無償で提供できない場合があります。
※無償提供の場合にも交通費は、諸経費として別途いただきます。
※サービスの無償提供は、上記条件に該当する場合も、1社1サービスとさせていただきます。


■「LanScope Cat」について
「LanScope Cat」は、2012年2月時点で6,075社515万クライアント以上(※2)の導入実績をもつ資産管理・ログ監視ツールです。クライアントPC・ネットワークへの負荷の軽さが特長で、最大PC40,000台の環境での稼働実績があります。あらゆる業種・規模で導入され、セキュリティに厳しい官公庁・自治体、金融業界、大規模企業で高いシェアを誇ります。

【標準パッケージ】
資産管理、ソフトウェア資産管理、操作プロセス管理、アプリケーション稼働管理、プリント・ログ、ファイル配布、Webコンソール

【オプションパッケージ】
サーバ監視、アプリケーションID監査、リモートコントロール、不正PC検知、Webアクセス監視、デバイス制御

<LanScope Cat製品サイト>
>> http://www.motex.co.jp/cat6/index.html


■価格
標準パッケージ10ライセンス 39万4,800円(税込)~(要問合せ)


※1:富士キメラ総研「2011ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」
※2:MOTEX調べ


<サービスに関する問い合わせ>
エムオーテックス株式会社 SAMコンサル部
住所:〒532-0011 大阪市淀川区西中島5-12-12 エムオーテックス新大阪ビル
TEL :06-6308-8982
FAX :06-6308-8977

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング