ケアネット、医師3,000人に調査 医師の7割以上、接待見直し以降も「MRとの面会頻度は変わらない」と予想

@Press / 2012年3月28日 9時30分

施設別 MRとの面会頻度
 医師・医療従事者向け情報サービスサイトを運営する株式会社ケアネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大野 元泰、証券コード:2150)は2012年3月20日~21日、当社医師会員3,000人に対し、製薬企業の「接待見直し」によるMR(医薬情報担当者)との関係性に関する調査を実施しました。

 本調査は、医療用医薬品製造販売業公正取引協議会による公正競争規約の新運用基準により、いわゆる「接待」(懇親のみを目的とした飲食等)を認めなくなることを受け、新基準実施の4月以降MRとの面会頻度はどうなると予想するかを尋ねたものです。
 その結果、勤務施設によらず医師の7割以上が『特に変わらない』と回答した一方で、若手医師ほど『MRとの面会頻度は減る』と予想していることが明らかになりました。以下、詳細を報告いたします。


【結果概要】

◆医師の7割以上は4月以降も「面会頻度は変わらない」
 全体の77%が『特に変わらない』と回答。新基準と関係なく、以前から公務員規定により制限されている国公立病院勤務医の場合は81.9%に上る。診療所医師で79.7%、国公立以外の病院でも73.0%であり、4月以降も“接待”の有無に左右されないと考えている医師が大半を占める結果となった。

◆「情報はMR以外でも得られる」医師、若手ほど顕著に
 一方『全般的に減る』とした医師からは、「勉強は自分でできる」「今やネットで事足りる、MRは不要」といったコメントが多く見られた。そうした傾向は若手ほど顕著であり、30代医師で18.6%、20代で24.2%が『減る』と回答。若い頃から機会の多かった50代以上からは「接待は本質的には不要だが、MRとの接触は新しい医療・医学知識の供給源として貴重な機会」といった意見も寄せられた。

◆「情報提供能力の高いMRが減った」「プロらしく、正しい情報を提供することに期待」
 4月以降、MRに期待することとして、『先生の専門領域の学術知識』(62.2%)『エビデンス・医学論文の提供』(51.0%)が挙げられた。「本来の役割である情報提供が十分できないMRが大多数の中、接待のみ制限しているのが問題」「医師の質問にその場で適切に答えられる知識を持ってほしい」などの声が多く寄せられた。一方、全体の13.5%が『特に期待していない』と回答。


◇4月以降の面会頻度(グラフ)◇
http://www.atpress.ne.jp/releases/26313/A_1.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング