SRS Labs社の画期的3Dオーディオ再生プラットフォームMulti-Dimensional Audio、スペックバージョン1.0開発終了、ベータ試験段階に入る

@Press / 2012年3月27日 9時30分

2012年3月21日米国カリフォルニア州サンタアナ発 - サラウンド、オーディオ向上および音声ポストプロセシング技術で業界をリードするSRS Labs, Inc.(以下「SRS」) http://www.srslabs.jp は、Multi-Dimensional Audio(TM) (MDA(TM))プラットフォームのスペックバージョン1.0の開発を成功裏の内に完了した旨を本日付で発表しました。

この開発完了により、3D Audio Alliance (3DAA http://www.3daa.org/ )のメンバーは、このMDAプラットフォームスペックバージョン1.0を入手していただける体制が整いました。3DAAとは、画期的なMDAプラットフォームをベースにした総合エコシステム開発を目指し、家電業界の法人会員間で共同活動を推進するために設立された独立組織です。また、これにあわせ、SRSでは、システムがMDAコンテンツを再生し、その利点をフルに活用するために必要な再生ソフトウェアであるMDA Player(TM)と、業界で最も一般的に採用されているデジタルオーディオワークステションで利用可能なプラグインソフトウェアであるSRSの新しいMDA制作ツール、MDA Creator(TM)のベータテストを主要プロダクションスタジオおよびコンテンツクリエーターと開始したところです。

SRSのチーフテクノロジーオフィサーのAlan Kraemerは、次のように述べています。
「去年の段階では、MDAは、いまだ紙の上でのコンセプトでしかありませんでした。しかし、音の世界を変革したいという強い思いから、SRSのオーディオエキスパートチームはMDAの研究開発に途方もない時間・努力を尽くし、全社をあげて彼らの取り組みをサポートしてきた結果、1年間の時間をかけ、オブジェクトベースのオーディオ制作・伝送・再生総合プラットフォームを完成させました。SRSの再生・処理技術を熱望するOEMパートナーから、弊社と親交のあるハリウッド映画制作パートナーおよび音楽制作関係者まで、多くの業界関係者が次世代型先進コンテンツ制作ツールおよび伝送方法の登場に熱い関心を寄せている今こそ、今回のMDAプラットフォーム完成は、まさにパーフェクトなタイミングといえます。私見ではありますが、MDAは、SRSが今までに開発してきた中で最もエキサイティングな技術だと思います。成熟を遂げた市場下、より柔軟かつよりリアルなオーディオコンテンツ制作および再生実現に向け、変革の機が訪れたといえるのではないでしょうか。」

@Press

トピックスRSS

ランキング