中国・「タオバオ」からの輸入代行業者を徹底比較、『タオバオ通信』開設!~「タオバオ」輸入代行ビジネスに、個人も続々参入中~

@Press / 2012年3月27日 10時0分

たりお企画(所在地:兵庫県姫路市、代表:見當 孝敏)は、この度、アジア最大のECサイトである「タオバオ」の輸入代行業者35社を比較したサイト『タオバオ通信』を開設いたしました。企業情報を始め、代行手数料や特色などを一覧にしているため、一目で情報が分かり、手軽にご利用いただけます。
タオバオ通信: http://tobb.jp/


◆「タオバオ」とは
「タオバオ」は2003年の設立以来、急速な成長を遂げ、2012年現在は中国のEC市場全体3.3兆円中の80%を占める巨大なサイトになりました。2011年の売上は、楽天の総売上3,800億円の7倍、Yahoo!オークションの売上7,000億の4倍にあたる規模となっています。


◆日本人にとっての「タオバオ」とは
「タオバオ」の特筆すべき点は、以下の2点です。

1.この巨大市場で売買されている多くの品は、日本人から見て圧倒的な安さで、1品から取引されているということ。
2.あまりに急成長であるため、これだけ規模が大きいにもかかわらず、まだ存在を知らない日本人も多い。


◆「タオバオ」を利用した“輸入の変遷”
これまでは、輸入と言えば貿易商を介する、という形が普通でした。しかし、貿易の知識に乏しい個人や小規模ショップの依頼を受け、「タオバオ」からの仕入れを代わりに行って手数料を得る輸入代行業者と、これら代行業者を利用して商品を仕入れ、インターネットオークションなどで収益を上げている個人が急速に増えています。よって、既存の問屋仕入れにかかる中間マージンを排除した競争力のある小規模ネットショップが続々と増えています。

数万円という小資本から始められる「タオバオ」輸入販売には、今日の小規模ショップにも底知れない勝機の可能性がありそうです。


◆関連サイト
タオバオ通信: http://tobb.jp/


■会社概要
会社名 : たりお企画
代表  : 見當 孝敏
所在地 : 〒670-0806 兵庫県姫路市増位新町1-8-2-A-1107号
事業内容: 書籍の高度電子化サービス「ペパレス」他
URL   : http://tobb.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング