1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

電子カルテシステム「MI・RA・Isシリーズ」のスマートデバイス対応

@Press / 2012年4月2日 10時0分

株式会社シーエスアイ(本社:札幌市白石区、代表取締役社長:杉本 惠昭、以下 CSI)、日本事務器株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 啓一、以下 NJC)は、CSIの電子カルテシステム「MI・RA・Is(ミライズ)シリーズ」のスマートデバイス対応システムを共同開発し、4月2日より販売を開始します。

近年、タブレット端末をはじめとしたスマートデバイスがコンシューマー市場において急速に浸透し、その利便性から様々な活用が期待されております。特に医療現場においては、医療従事者がPC等の情報端末から離れる場面が多く、診療情報が必要な時に得られない状況にあり、患者のそばで使える情報端末へのニーズが高まっております。

こうした背景から、CSIとNJCは、進化する電子カルテシステムとして高いシェア※1を誇る「MI・RA・Isシリーズ」のスマートデバイス対応システムを共同開発し、診療情報の参照、診療記録や検査結果、画像などをスマートデバイスにより「必要な時に、必要な場所で」確認できるサービスを提供します。

本サービスの主な特長は以下の通りです。

・スマートデバイスで患者の診療情報の閲覧が可能
・閲覧だけでなく、診療データやバイタルなどを、スマートデバイスから入力も可能
・スマートデバイスは携帯性に優れ、駆動時間が長いため、回診時に持ち運ぶ書類量を軽減、回診業務を効率化
・診療の経過や検査結果などを、画像やグラフ等を用いてわかりやすく説明でき、インフォームド・コンセントの促進、患者へのサービス向上に寄与
・販売価格は20万円/(医療機関)から※2で、低コストでの導入が可能

CSIとNJCは、「MI・RA・Isシリーズ」を携帯性・機能性に優れたスマートデバイスに対応させることにより、医療機関におけるワークスタイルを一新し、より一層の診療効率化を図り、医療サービスの向上に貢献してまいります。


※1 「電子カルテ&PACS白書2011~2012」掲載のJAHIS・月刊新医療共同調査データより集計。病院向け電子カルテシステム(オーダリングシステムを含む)のメーカー別導入数でCSIは2位、シェアは15%。
※2 スマートデバイスの端末料金・通信費等は除く。


【株式会社シーエスアイ 会社概要】
所在地  : 〒003-0029 札幌市白石区平和通15丁目北1番21号
代表者  : 代表取締役社長 杉本 惠昭 (東証マザーズ、札証:4320)
事業内容 : 電子カルテシステムの開発・販売
Webサイト: http://www.csiinc.co.jp


【日本事務器株式会社 会社概要】
所在地  : 〒151-0071
      東京都渋谷区本町3丁目12番1号 住友不動産西新宿ビル6号館
代表者  : 代表取締役社長 田中 啓一
事業内容 : トータルソリューションサービス
Webサイト: http://www.njc.co.jp


【本製品に関するお問合わせ先】
株式会社シーエスアイ 事業推進室
TEL  : (03)3297-8111
Eメール: seihin_info@csiinc.co.jp

日本事務器株式会社 事業推進本部 医療・公共ソリューション事業推進部
TEL  : (050)3000-1508
Eメール: iryo@njc.co.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング