デリケートで細心の注意を要する経営課題を企業担当者目線の失敗事例から紐解く!「社労士が見つけた!(本当は怖い)解雇・退職・休職実務の失敗事例55」発売

@Press / 2012年3月28日 12時0分

 創業60年、ビジネス実務の専門出版社、株式会社東峰書房(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鏡渕 敬)は、2012年3月28日(水)、解雇・退職・休職というデリケートな課題を企業担当者目線の失敗事例から紐解く実用書「社労士が見つけた!(本当は怖い)解雇・退職・休職実務の失敗事例55」(編著:辻・本郷税理士法人 HR室 定価:1,470円 税込)を発売します。

書籍ご紹介サイト
http://roumu.tk/


 解雇の問題は、近年、労働組合が主体的に関与する集団的な労使対立から、裁判所を介在させる個別の訴訟対応へと姿を変えつつあります。これには労働者サイドの組合加入率低下や雇用者サイドの集団的整理解雇から個別解雇への統計的変遷等の社会的背景があると考えられます。いずれにせよ、解雇をめぐる諸問題はいよいよ個別性を色濃くし、企業は多岐にわたるケーススタディを求められるというのが現実です。

 そしてそれは大企業の人事労務担当者のみならず、直接的に従業員と向き合わなくてはならない中小企業経営者にとっても切実な問題です。「社労士が見つけた!(本当は怖い)解雇・退職・休職実務の失敗事例55」では失敗事例となる最悪のケーススタディからこれらを取り上げ、印象的に、わかりやすく解説しています。


■「社労士が見つけた!(本当は怖い)解雇・退職・休職実務の失敗事例55」概要
判型  :A5
ページ数:230ページ
定価  :1,470円(税込)
編著  :辻・本郷税理士法人 HR室


■辻・本郷税理士法人
 2002年4月設立。東京新宿に本部を置き、青森、八戸、盛岡、秋田、仙台、上越、館林、吉祥寺、横浜、小田原、伊東、名古屋、大阪、京都、福岡、大分、沖縄に支部がある。全体のスタッフ数は500名(関連グループ会社を含む)のうち公認会計士・税理士が170名(試験合格者を含む)。税務コンサルティング、相続、事業承継、M&A、企業再生、医療、公益法人、移転価格、国際税務など各税務分野別に専門特化したプロ集団。弁護士、不動産鑑定士、司法書士との連携により顧客の立場に立ったワンストップサービスとあらゆるニーズに応える総合力に定評がある。

〒163-0631 東京都新宿区西新宿1丁目25番1号 新宿センタービル31階
電話 03-5323-3301
FAX  03-5323-3302
URL  http://www.ht-tax.or.jp/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング