iPad/iPhoneを用いた企業向けファイル共有クラウド「SYNCNEL for Enterprise」、新たにペーパレス会議機能などを搭載!

@Press / 2012年3月28日 16時0分

 住友セメントシステム開発株式会社、株式会社スマートスタイル、株式会社フィードテイラー3社は、「SYNCNEL for Enterprise」(以下 本サービス)において、発表者が表示しているページと参加者の資料のページが自動で同期するページめくり同期機能やPDFの手書きメモなど、ペーパレス会議に関連する機能を搭載した新バージョンのサービスを2012年4月4日(予定)より開始します。

SYNCNEL for Enterprise URL: http://syncnel.biz/


 本サービスは、ファイルをドラッグ&ドロップするだけで組織のグループ構成や権限に応じてファイルが安全に配信されるクラウドサービスです。iPad/iPhoneなどのスマートデバイスが企業に急速に導入されている背景もあり、既に医療・不動産・ハウスメーカー・催事場など、様々な業界で採用されております。
 これらの導入実績から見えてきたiPad/iPhoneなどのスマートデバイスの活用用途としては、主に営業現場でのプレゼンテーションと会議での資料共有が挙げられますが、本サービスではこれまで特に前者に焦点をあててサービス提供・開発を行って参りました。しかし後者のご要望の声も多く、本サービスをビジネスの現場でより便利にご利用いただくため、この度の新バージョンでは、主にペーパレス会議に焦点をあてた機能アップを行いました。


■ SYNCNEL for Enterprise新バージョンで追加された機能
・ペーパレス会議に関する機能
 - 会議の作成機能
 - 会議への(複数)資料登録機能
 - 会議中の資料を会議参加者のiPad/iPhoneに安全に自動配信する機能
 - 発表者が表示しているページと参加者の資料のページが自動で同期するページめくり同期機能
 - PDFへの手書きメモ機能、及び手書きメモ情報のサーバ同期機能

・その他の追加機能
 - 複数PDFの横断検索機能
 - 動画のループ再生機能


 既存のペーパレス会議機能をもったサービスでは、多くが端末同士の直接の通信によって機能を実現しているため、会議に参加する端末は同じネットワーク内(例えば同一ルータ・ハブ下)にいなければならない等の制約がありました。
 しかし本サービスでは、クラウドサーバを介して端末同士の通信を行いますので、遠隔地間でもペーパレス会議が可能な点が大きな特徴となっています。
 また、ペーパレス会議を行うにあたっては資料へのメモ書きも必須となりますが、手書きメモに関してもクラウドサーバに情報が保存されますので、例えば端末を紛失してしまったような場合でも別の端末でログインし直せば手書きメモを復元する事が出来ます。

@Press

トピックスRSS

ランキング